2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

« 頭島6(終)「さらば!頭島」 | トップページ | 賢島(前編)「湾岸風景」 »

2009年6月28日 (日)

日生諸島・鴻島を眺む

鴻島(こうじま)とは、岡山県備前市(旧・日生町)にある日生諸島のひとつで、人口50人足らずという小さな離島です。

日生港から定期船で行ける日生諸島の島々は先にお届けした大多府島・頭島に、あと鹿久居島(かくいじま)とこの鴻島の4島です。うち行った事がないのがこの鴻島だけなのです。近いうちに行って探訪記を、とも思いますが、大多府へ行った時に通りかかりはしました。

日生港の南約4kmの地点に浮かぶ島で、太古より人の住んだ痕跡があり、また江戸時代には岡山藩の流刑地であったそうで、その後無人化したものの昭和初期に入植が始まり、ミカン栽培などが盛んになり現在に至るといいます。

島の中にポツポツとしたものが目立ちます。
Himg0411















現在はミカン栽培と海水浴場としても賑わうそうです。

で、先ほどのポツポツしたもの、別荘なんですね。

人口が50人に満たないというのに別荘の多い事!

この別荘群で一目見て鴻島と分かります。

別送の物件情報を見ると、300万円台で出ていたりして別荘もいいな~と思ったりしますが、現実考えると…

別荘の 夢も膨らむ 離島かな

といった感じで。お後がよろしいようで
Himg0412

« 頭島6(終)「さらば!頭島」 | トップページ | 賢島(前編)「湾岸風景」 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 日生諸島・鴻島を眺む:

« 頭島6(終)「さらば!頭島」 | トップページ | 賢島(前編)「湾岸風景」 »