2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

« 宇野港-豊島(てしま)の洋上 | トップページ | 勝野洋・長女死去の報にふれて »

2009年7月 8日 (水)

豊島(てしま)1「1000人余りの島」

香川県小豆郡土庄町に属する直島諸島の人口1100人余りの離島・豊島(てしま)の探訪記第1弾です。

前回では宇野港から豊島への洋上の様子をお伝えしましたが、今回はその到着しようとするところからとなります。

目的地である家浦港がぐんぐん近づいてきます、ここよりやや右側のところになります。

Himg0325














 

灯台?!を横目に突堤を通り過ぎていきます。

突堤も撮る角度によっていろんな表情に見えるものですね。
Himg0328














 

豊島・家浦港に着きました!

フェリーは次の港へと航行を続けます。
Himg0334














 

家浦港の待合所です。

これまでにお伝えした離島の中で待合所があったのが、大多府島と頭島くらいかと思いますが、いずれも中に入って待つようなものではなく(大多府港のは開いておらず…)、この港の待合所は何人も中で待っていましたし、実に立派な建物です。人口1000人を越えると立派な待合所があるのかな…と思わされました。
Himg0335














 

港を降りたところから、港の前の広場スペースのカットです。

この右が港の待合所の位置になります。

ここには写ってませんが駐車場があり、車の台数もそれなりのものがある事が窺えます。
Himg0336














 

港にあった地図です。

この島は小学校も中学校もあります。

現在地はこの地図の左上(方角では北西)部分にあたり、付近には寺や神社など見どころもあり、島内ではかなり栄えたところになっていると思われます。
Himg0330














港周辺はこのくらいにして、これから街へ出ます!

« 宇野港-豊島(てしま)の洋上 | トップページ | 勝野洋・長女死去の報にふれて »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 豊島(てしま)1「1000人余りの島」:

« 宇野港-豊島(てしま)の洋上 | トップページ | 勝野洋・長女死去の報にふれて »