2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

« 智頭急行・西粟倉駅 | トップページ | 石原裕次郎 命日 »

2009年7月16日 (木)

岡山/西粟倉 西粟倉駅周辺

人口約1600人余りの岡山県英田郡西粟倉村にある智頭急行・西粟倉駅を前回お届けしましたが、今回はその駅の周辺の様子をお届けです!

前回の西粟倉駅のホームからの景色です。

この段々状の土地にポツリポツリと立つ建物がほのぼのした雰囲気を醸し出しています。生活は便利とは思えませんが…。
Himg0148














 

駅ホームにあった周辺の名所案内です。

右上は「湯の里 米づくりオーナー」とあります。
なんでも「あきたこまち」づくりに挑戦し、収穫したお米は持ち帰りできるとか!

右下は「農村型リゾート 天徳寺」。
茅葺き屋根・囲炉裏のある談話室等々昔の雰囲気そのままに味わえる宿泊施設です。上の写真で茅葺き屋根の民家が見えていたその建物ではないでしょうか?こんな所に泊まれるって異色でいいですよね。
Himg0145














駅に入らんとする電車です。

見ての通りたった一両だけのかわいい電車です。

緑いっぱいの景色にはぴったり似合う光景といえるでしょう。
Himg0143














 

駅を降りたところです。

沿線は高架駅が殆どで、このように高架の部分に駅名を表示しているところも少なくないです。向こうは最初の写真の景色につながりますが、のどかそのものですね。
Himg0156














ここ西粟倉村のマンホールです。

マンホールにはその市町村の特産や名物などを現したユニークな柄のものが多く、単色版が通常ですが、時にこのようなカラー版を見かけた時はラッキーだと思います。

あわくら温泉で傷を癒したというタヌキと、村の花サツキと村の鳥ウグイスが描かれているようです。

このタヌキの湯につかる様が実にかわいらしいですね。
前にも書きましたが、タヌキってホントにこんな顔だと子供の頃本気で思ってました。
Himg0157

















 

駅前広場スペースということになるでしょうか、ここは。

左側が駅舎ですが、向こうに見える家々が時代を感じさせます。
Himg0158














さて次はここから道路に出ます。

« 智頭急行・西粟倉駅 | トップページ | 石原裕次郎 命日 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 岡山/西粟倉 西粟倉駅周辺:

« 智頭急行・西粟倉駅 | トップページ | 石原裕次郎 命日 »