2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ

« ツバメ 飛翔の瞬間! | トップページ | 智頭急行・あわくら温泉駅 »

2009年7月13日 (月)

横綱・大関陣 誰から覚えてますか??

大相撲・名古屋場所が始まりました。

大関・魁皇が北の湖の通算勝ち星に並ぶという個人的に嬉しいニュースがありましたが、もうすぐ37歳になる彼が大関の座を張り続けなければならない状況とは…彼の意地でもあると思いますが…、、
本日の結びの取組は朝青龍-阿覧というモンゴル-ロシアの対決。現在の横綱は2人ともモンゴル勢、大関は日馬富士(モンゴル)、琴欧洲(ブルガリア)の方が勢いがあり、日本人の魁皇、千代大海、琴光喜と3人いますが皆既に30歳を越えているという状況…。早く日本人大関・横綱が誕生してほしい…国際化はいいのですが、日本人力士が強くないと個人的にどうも面白いと感じられないのです。

それぞれの年代でそれぞれの横綱・大関のイメージがあると思いますが、誰が横綱で誰が大関の頃から記憶がありますでしょうか??

私は個人的に横綱は輪島、北の湖で大関は貴ノ花、三重ノ海、旭国、若三杉といったところです。貴ノ花は勿論お父さんの方ですが、残念ながらお亡くなりになってしまいました。他は皆親方として活躍(輪島は廃業しましたが…)、北の湖、三重ノ海などは理事長にまでのぼりつめました。両横綱がしのぎを削っていて輪湖時代などと呼ばれていましたが、北の湖が「憎たらしいほど強い」と言われ、今の朝青龍のイメージに若干ダブる気がします。

大関陣も優勝争いに誰かが絡むような布陣だったように思います。ただ勝ち越すだけでなくもっとうえのレベルにいたような、あくまでイメージですが…。この中では若三杉が横綱に昇進し二代目若乃花を名乗りました。三重ノ海はずっと大関かと思ったら30歳を過ぎてから横綱に昇進しましたが、さすがにあまり長く在籍はできず、むしろ2人とも大関時代の方が輝いていたように思いました。

その後では増位山が急速に力をつけ大関昇進しましたが、既に高齢の感がありむしろ関脇時代の方が勢いがあってあまり長く活躍できなかった感じがありました。トントン拍子だったのが千代の富士です。三役定着までは少しかかったものの大関昇進するとわずか3場所で横綱に昇進してしまいました。当初はそれほど優勝に関われずでしたが、29,30歳頃あたりから完全に天下でした。その間に北の湖も31歳で引退していました。

隆の里は怪力のイメージがありましたが、30歳を過ぎてから横綱に昇進し当時の流行にあわせて「おしん横綱」と呼ばれていましたね、北の湖より1歳年上ながら引退は1年後の昭和61年、33歳と力士生命を全うしてといってもいいのかなと思います。

琴風は若くして大関に昇進し期待を集めましたが、怪我が多く結局は大関から陥落して28歳の若さで引退、現役中に歌手としても活躍(増位山などもそうですが…)していました。個人的には今の琴光喜とダブります(顔が似てるから??)

若嶋津は横綱に昇進しそうな勢いと雰囲気を十分に持っていましたが、昭和59年がピークだったかな、という感じでした。大関で全勝優勝したときは横綱になると思いましたが…。

朝潮・北天佑は典型的なハチナナ・クンロク大関と言われ、昇進前はやはり勢いがあったのですが、昇進後はいまひとつというか勝ち越すのがやっとという感じでした。彼らは平成になって相次いで引退していきました。

この後は世代が下になっていきます。
北尾は大きな体と素質に恵まれ大関までトントン拍子、横綱へも優勝がなかったものの割にすんなりと昇進して双羽黒と名乗るのですが、残念な事になりました。対照的に努力型といわれるのが保志改め北勝海でした。大関昇進時に改名し、同部屋の大横綱・千代の富士のもとで切磋琢磨し同じ地位に上り詰めました。怪我が多く30歳にもならないうちに引退しました。
大乃国は大きな体を武器に活躍、大関やがて横綱となりましたが、彼もまた28歳の若さで引退、この年代の力士たちは早くに出てきて30歳にもならぬうちに引退するケースが多かった感がありました。旭富士はやや年上になりますが、のらりくらりとした雰囲気で大関、少し遅れた感がありますが横綱にも昇進しました。30歳を過ぎてもとっていましたが、横綱になってからが地味な印象でした。

異色は小錦、霧島でしょうか。小錦は巨体を武器にプッシュプッシュで大関に昇進、その後横綱になってもおかしくない成績を残すも言葉の波紋等もあり残念な事となってしまいました。霧島は30歳を過ぎて大関になった遅咲きの力士でした。共に大関から陥落しても平幕で取り続けました。

その後は曙、貴乃花、若乃花、武蔵丸、武双山、栃東…といったところでしょうか、現役でない横綱大関は。出島、雅山などは大関も務めましたが平幕に陥落してからも長く今まで取り続けていますね。

で、個人的には最高の横綱は千代の富士です。

« ツバメ 飛翔の瞬間! | トップページ | 智頭急行・あわくら温泉駅 »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 横綱・大関陣 誰から覚えてますか??:

« ツバメ 飛翔の瞬間! | トップページ | 智頭急行・あわくら温泉駅 »