2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

« 石原裕次郎 二十三回忌法要 放送 | トップページ | 宇野港を発つ! »

2009年7月 5日 (日)

男鹿島5(終)「さらば!男鹿島」

兵庫県姫路市の沖・家島諸島にある人口約150人の離島・男鹿島(たんがしま)探訪記第5弾、最終回です。

鹿公園から港へ戻ってきて、もう少し進んだところです。

港はこのすぐ右前にありますが、ここでは海岸のカットを。
Himg0064














 

既に5時半をまわっていましたが、まだまだ太陽は高い位置にありました。

さすがは6月!

陽の光が海面に照らされていい雰囲気です。

数分後に来る船を待っていました。
Himg0065














 

我々が普段暮らしている所ではあまり見かけませんが、島には野犬と思しき犬も見られ、それも結構怖そうなのが居るので注意しなければ、と思いました。と言う割にこうやって写真撮ってますが…
Himg0061














 

さて、このくらいで島内は切りあげようかと思った矢先に港のおじさんが「兄ちゃん、これで帰るんか?泊まりか??」と遠くから聞いてこられました。なので慌てて港に走り寄って行きました。

港で船を待っていたら、やたらと海面にクラゲが視界に入ってくるのでつい撮ってしまいました。あまり気持ちいいモノではないかもしれませんが(噛まれた苦い思い出もあるし…)、この島で見たものとして別れを惜しみつつパシャり。
Himg0073 Himg0072 Himg0069




















まぁそんな訳で40分そこそこ、鹿に出会えたのがいちばんの収穫だったこの島の旅も終了です。この港を背に船に乗り込みます。さようなら~
Himg0074

« 石原裕次郎 二十三回忌法要 放送 | トップページ | 宇野港を発つ! »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

人口150人の男鹿島には
学校とかあるんでしょうか?
子供いるのかな!?

小学校はあったようですが、廃校になったそうです。
中学以上は元々なかったのではないでしようか。

子供よりシカの方が多かったりして

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 男鹿島5(終)「さらば!男鹿島」:

« 石原裕次郎 二十三回忌法要 放送 | トップページ | 宇野港を発つ! »