2021年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 奈良/御杖 御杖村入口 | トップページ | 奈良/御杖 桃俣町屋上 »

2009年10月22日 (木)

奈良/御杖 県道31号に入る

奈良県宇陀郡御杖村、国道369号にて村内に入り、途中で右折して県道31号に入らんとするところです。

右は国道31号(榛原菟田野(はいばら・うたの)線)へ入り、直進すると国道369号です。

ちなみに右折した先にはこの看板の通り「三季館」という宿泊施設がありますが、ここはナント元・小学校の校舎が使われているというユニークなものです。
Himg0389

 

県道31号に入ったところです。

「御杖村」なんて表示のある看板に出くわすと、改めて村に来たんだな~という実感が湧きます。

Himg0394

 

上の写真の向こうに小さく写っていた橋のところまで来ました。

県道の標識がありました。「御杖村桃俣」とあります。

ここには桃俣町屋というバス停があり、御杖ふれあいバスというのが通っています。

Himg0396

 

その桃俣町屋のバス停の時刻表です。

土日は両方向とも1日1本しか走っておらず、朝8時台のみです。バスは1日一度来る、吉幾三の某ヒット曲のフレーズそのままです。時刻表そのものも17時台までしか欄がありません。平日でも12時台が最後という恐るべきダイヤです。

というわけで土日などに歩いてここまで来たら、疲れたから帰りはバスを、とあてにする事は全く出来ません。
Himg0398

 

バス停のそばの橋です。

橋げたの形がなんだか面白い印象がありました。

欄干も低くてシンプルなデザイン、コンクリートの色が前面に出た地味さがまた味があるというものです。
Himg0399

左折すれば橋を渡ることになるのですが、これを渡らずに直進し、違う橋に差し掛からんとするところです。少しではありますが集落に出くわします。ただ店などには全くお目にかからず、村らしい雰囲気を持ったエリアです。 
Himg0401_2

もう少しだけ奥へ行って引き返します。

« 奈良/御杖 御杖村入口 | トップページ | 奈良/御杖 桃俣町屋上 »

旅行・地域」カテゴリの記事

29奈良県」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 奈良/御杖 県道31号に入る:

« 奈良/御杖 御杖村入口 | トップページ | 奈良/御杖 桃俣町屋上 »