2020年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 和歌山/九度山 上古沢の平地 | トップページ | 和歌山/九度山 下古沢集落へ »

2009年10月29日 (木)

南海/下古沢駅 (和歌山県伊都郡九度山町)

和歌山県伊都郡九度山町、南海電鉄・下古沢(しもこさわ)駅です。

前回までの上古沢の隣駅で、両隣とも同じ九度山町内の駅ですが、南の高野町に近い上古沢よりはやや開けた感じで、とりあえず駅名標が緑に覆い尽くされるなんて事はないです(笑

開業は1928年6月18日(訪問は2007年9月)で、1日平均の乗降者数は172人/日(2004年)で、南海99駅中94位と、かなり下位ながら高野山駅を除くココ以南の駅(上古沢・98位、紀伊細川・97位、紀伊神谷・99位、極楽橋・96位)よりは上回っています。

Himg0005

 

相変わらず山々に覆われているという状態ではあります。高野町の紀伊細川から続く山岳地帯の中の駅というロケーションも変わりません。
Himg0007

 

駅舎と反対側のホームです。

といっても、上の写真でも分かるのですが、線路は1本しかなく、こっちのホームは今は使われていません。

駅舎側のホームのみが使用されている1面1線、いわゆる棒線駅というやつです。このひさしなんかは隣の上古沢より多く(2つもあるし)取られているのに使用されていないとは残念です。
Himg0009

 

駅舎です。(↓クリック拡大)

山の斜面の途中にあるような駅で、駅舎は木造です。

ただ南の上古沢や紀伊細川などと違い、そんなむちゃくちゃに高い所にはありません。

ただ駅を出るとこんな坂道がいきなり始まります。
Himg0020

 

出口より手前、改札手前から見るとこんな感じです。

この高さからではほぼ山ばかり見えて、もう少し下に平地が見えてきます。
Himg0046

 

駅舎内です。

1時間に2本来る時間帯も少なくなく、そこんとこはさすが大手私鉄です。

券売機がないため、乗車駅証明の機械が設置されています。

ここだけ見るとそんなのどかな駅には見えないです。

Himg0047

ここも坂を下りての探訪です。

« 和歌山/九度山 上古沢の平地 | トップページ | 和歌山/九度山 下古沢集落へ »

旅行・地域」カテゴリの記事

30和歌山県」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 南海/下古沢駅 (和歌山県伊都郡九度山町):

« 和歌山/九度山 上古沢の平地 | トップページ | 和歌山/九度山 下古沢集落へ »