2020年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ

« 続・ポトス | トップページ | 和歌山/古座川 川沿いの通り »

2009年10月11日 (日)

和歌山/古座川 神戸神社

和歌山県東牟婁郡古座川(こざがわ)町、JR古座駅(現・串本町)からの歩き旅で出くわしたのはこの神戸神社。神戸は「こうど」と読むようです。資料が乏しく読みがなかなか判明しませんでしたが、数少ないかな表記したものは「こうど」とありました。よく「かんべ」神社などとして存在している所が見られますが、ここは読みが違うようです。

ちなみにこの広場では例大祭で獅子舞が披露されるといいます。
Himg0040

 

神社の前の道は、溝の上に乗せる網目の鉄板(何ていうんですかね?)が延々続いていました。なので下の川(溝?!)は丸まま見えます。
Himg0041

 

神社の割に鳥居が見当たらない…と思いつつ、この拝殿まで来ました。赤ピンクっぽい変わった色が印象的です。
Himg0043


この神社の社叢が町指定文化財となっています。

この一帯様々な樹木が生い茂っているということで、多雨地帯特有の照葉樹林の姿をよく表しているとあります。

しかしバリバリノキってすごい名前ですね。調べるとクスノキ科の常緑高木ということで、ひょっとすると…
Himg0044

 

この大きな木の事??と思いながら、今更ながらにこの写真に見入ってました。(違ってたらスミマセン…)
Himg0045

それとも拝殿より右のこっちの木の方か…、よくわかりませんがまぁすべてひっくるめて待ちの指定文化財という事なので大切にしなければなりません…、って変な纏め方になりましたが…。

まぁものすごい木々でした。

しかしこの神社、由緒等々に関する看板もなければネットで調べてもその辺りが皆目分からない謎の神社です。ただ町の中心的地域の神社であり、例大祭が行われるほどですので、それなりの重要なところではあると思います。
Himg0046

次は引き返し旅、最初に来た道と平行に通っている川に近い側の通りを反対方向(駅方向)に歩いてみます。

« 続・ポトス | トップページ | 和歌山/古座川 川沿いの通り »

旅行・地域」カテゴリの記事

30和歌山県」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 和歌山/古座川 神戸神社:

« 続・ポトス | トップページ | 和歌山/古座川 川沿いの通り »