2021年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 奈良/東吉野 天誅組の碑から歩き出す | トップページ | 奈良/東吉野 街の手前 »

2010年1月 3日 (日)

奈良/東吉野 万代橋あたり

奈良県吉野郡東吉野村、天誅組終焉之地の碑から東吉野村役場方面へ歩き旅です。

歩き続けるとまた天誅組遺跡が左側に。

峠から谷に下る途中の森下幾馬が山狩り中の藤堂藩の部隊に発見され、銃弾に倒れた旨の解説がありました。
Himg0045

 

更に先を進むと、東吉野 1kmの標識が出ます。吉野へは19kmともあります。

東吉野村の役場まで1kmということでしょうか。

ここまで既にひっそりとした区間を歩き続けてきていましたが…

道路は濡れていますが、訪問時には幸い雨は降っていませんでした。
Himg0046

 

木造の蔵のようなものに遭遇、扉の辺りが独特でした。
Himg0048

 

万代橋のバス停です。

奈良交通のバス停には時々このような家の建物にバス停表示がつけられているところがあります。

一応の目的地とする千代橋のバス停は次、というところまで来ました。久々に公共の建物が見えてきました。いや公共施設は村内で初めて見たかもしれません。

鷲家(わしか)のバス停を降りてきて、歩いてきたのが、

鷲家 → 鷲家谷 → 一の谷 → 万代橋
、となります。

街なかのように位置停留所辺りの距離は短くないとは思いますが…。

この赤褐色の建物は消防団の分団ですが、その手前には郵便局があります。
Himg0049

 

東吉野の小川郵便局です。

郵便局に出くわした事で、町の中心も近いと思えるようになり、それまでいささか心細かった部分にもかすかな灯りがともってきました(笑

数段の階段の上にあるやや厳かな雰囲気のコンクリートの建屋です。
Himg0055

 

万代橋とバス停にありましたが、これが実際の万代橋で、バス停からやや離れた所にあります。
Himg0056

 

橋の辺りから川を眺めると、赤い橋が架かっていました。

斜めに下がっているところが面白いですね。

ここの詳細は次回にて!
Himg0059

« 奈良/東吉野 天誅組の碑から歩き出す | トップページ | 奈良/東吉野 街の手前 »

旅行・地域」カテゴリの記事

29奈良県」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 奈良/東吉野 万代橋あたり:

« 奈良/東吉野 天誅組の碑から歩き出す | トップページ | 奈良/東吉野 街の手前 »