2020年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ

« 奈良/安堵 灯芯引きの町 | トップページ | JR日和佐駅 (徳島県海部郡美波町) »

2010年1月25日 (月)

奈良/安堵 飽波神社から

奈良県生駒郡安堵町、安堵町歴史民俗資料館を後にして、もうひとつの名所「富本憲吉記念館」へ向かいましたが…

閉館中、門扉に虚しく貼り紙がしてありました。

12月21日より新年1月5日まで年末年始の休みとし、また新年からは月・火を定休にする、と。いやに休みが多いですね…
Himg0236

 

しょうがないので?!近くにあった神社に寄りました。

飽波(あくなみ)神社というそうです。鳥居にある表記は「あ久波神社」となっているようですね。鳥居の色や形がちょっと珍しい感じがしました。 
Himg0239

 

拝殿です。

曲線の屋根が印象的です。 
Himg0240

 

神社の説明看板です。

祭神はスサノオノミコト、江戸時代には牛頭天王社と称していたとあります。

聖徳太子の飽波宮跡とも伝えられ、安堵庄の総社として江戸時代以降は東西安堵村の氏神です。

この辺りでは中心的な由緒ある神社なのでしょう。 
Himg0241

 

当初降り立った東安堵バス停からJR法隆寺駅方面へ引き返し、隣の西安堵バス停付近の様子です。 
Himg0244

 

安堵町の入口まで戻ってきました。

ここから法隆寺駅までも十分歩いて戻れます。

「無事故の里 安堵へ」とあります。

交通事故のない安堵の心で運転できる町であればいいのですが… 

ここから写真手前に向かって橋を渡れば斑鳩町に入ります。

という訳で、さらば安堵町

小さな町でも見どころを知り学ぶものを得た町でした。
Himg0248

« 奈良/安堵 灯芯引きの町 | トップページ | JR日和佐駅 (徳島県海部郡美波町) »

旅行・地域」カテゴリの記事

29奈良県」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 奈良/安堵 飽波神社から:

« 奈良/安堵 灯芯引きの町 | トップページ | JR日和佐駅 (徳島県海部郡美波町) »