2024年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29    
無料ブログはココログ

« 滋賀/多賀 絵馬通りをゆく | トップページ | 滋賀/多賀 願いかなえる「叶・多賀門」 »

2010年1月16日 (土)

滋賀/多賀 真如寺と桜町延命地蔵尊

滋賀県犬上郡多賀町、近江鉄道・多賀大社前駅から絵馬通りを歩く中、多賀大社のすぐ手前、真如寺(しんにょじ)へ来ました。 

赤く塗られた門が印象的ですが、創建は天正年間(1573~91年)つ伝えられ、本堂、庫裡、書院、鐘楼および山門は寺院開山以来の建物といわれている浄土宗のお寺です。

このお寺には、本堂に木造阿弥陀如来像があるのですが、元々は多賀大社の本地堂の本尊であったものが明治時代の神仏分離により、ここへ移されて来たといいます。

Himg0321

 

本堂です。

これが開山以来の建物か…と思うと何か感慨深いものがあります。 

窓の辺りは格子ずくめですね。一体何本の棒材が使われているのか?などと考えてしまいます。
Himg0323

 

真如寺から出て、こちらは桜町延命地蔵尊です。 

この桜町はかつて多賀大社の門前町として多くの参詣者で賑わい、またこの辺りは古くからの地蔵信仰の場で、多賀大社参詣の人も多く立ち寄っていたといいます。

「南無延命地蔵尊」と書かれています。
Himg0326

 

絵馬通りの様子。

木造の格子がなんともいえません。 

歴史を感じさせる街並みです。
Himg0324

 

上の写真から少し進んで、 ここもまた歴史のありそうなお店です。
Himg0325

 

多賀町のマンホールです。 

外周には町の花であるササユリでしょうか。その中を町の木のスギ、ど真ん中に町の鳥・ウグイスといった配置になっています。

次回は駅前のちょっとユニークなものに出会います。
Himg0303

« 滋賀/多賀 絵馬通りをゆく | トップページ | 滋賀/多賀 願いかなえる「叶・多賀門」 »

旅行・地域」カテゴリの記事

25滋賀県」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 滋賀/多賀 真如寺と桜町延命地蔵尊:

« 滋賀/多賀 絵馬通りをゆく | トップページ | 滋賀/多賀 願いかなえる「叶・多賀門」 »