2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

« 和歌山/印南 チェンジ! | トップページ | 島根/津和野 青原駅から富田洞門をゆく »

2010年2月 9日 (火)

JR青原駅 (島根県鹿足郡津和野町)

島根県鹿足郡津和野町のJR青原駅です。

津和野町は島根県の西部に位置し、人口は8,600人(2010.1.1現在)で、有名な山陰の小京都で萩と一括りにされる事もよくありますが、2005年に日原町と合併して新・津和野町としてのスタートを切っており、現・津和野役場は旧・津和野町ではなく旧・日原町役場に置かれることとなりました。1980年国勢調査では現町内区域で13,000人以上を数えましたが、減少が続き今では9,000人も割り込むようになりました。

-JR青原駅-
【町内】すべてJRの5駅あるうちの1駅。旧・日原町内でも非・中心駅。
【路線】JR山口線
【開業】1924年7月15日(訪問は2009年10月)
【1日あたり平均乗車人員】36人/日(2004年)
【近隣の都市駅】(山口方面)津和野駅(町内の中心駅)→3駅、山口駅→16駅
          (益田方面)益田駅(最寄の市の中駅)→4駅

両隣は何れも旧・日原町内の駅で、日原の方はその中心駅です。
Himg0378

 

ホームは2面2線、山に囲まれたような所にあり、それ以外何も見られませんでした。

両ホームは構内踏切でつながっています。

駅舎がなく、両ホームにそれぞれ室内型の待合室があります。
Himg0379

 

待合室の中の一角、木のベンチが落ち着いた雰囲気です。
Himg0381

 

青原駅の時刻表です。

山口線は新山口から出て、山口駅を境にダイヤが激減してこの有様です。

当時行った時も、各駅を居りつぶすのは困難として(この後、南の吉賀町へ行きましたが…)、そういう計画は立てませんでした。山口線をつぶすには2日ほしいところです。

朝方は多少ありますが、ほぼ2時間に1本というところでしょうか、1日に9本程度というローカル路線です。
Himg0377

ホームは小高い丘の上にあり、この階段を降りて出口へ。 
Himg0383

 

ホームから下りてしまうと、駅を示すものが撮れなくなってしまいました…

どこかで「青原駅」と書いた何かを撮りたかったのですが、駅舎もなく待合室壁裏も見えずで、しまりがありませんが、とりあえずこんな駅です。

ここからは徒歩で延々津和野町内(旧・日原町内)歩き続けますので、その模様を次回より
Himg0384

« 和歌山/印南 チェンジ! | トップページ | 島根/津和野 青原駅から富田洞門をゆく »

旅行・地域」カテゴリの記事

32島根県」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: JR青原駅 (島根県鹿足郡津和野町):

« 和歌山/印南 チェンジ! | トップページ | 島根/津和野 青原駅から富田洞門をゆく »