2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

« 鳥取/伯耆 鬼がすわる山 | トップページ | 昔ドラマにおける「少数派」 »

2010年3月28日 (日)

JR早島駅 (岡山県都窪郡早島町)

岡山県都窪(つくぼ)郡早島町のJR早島(はやしま)です。

早島町は岡山県南部の真ん中に位置し、人口は12,130人(2010.2.1現在)で、岡山県で最も面積が小さくかつ人口密度が多い町で、かつては島であったのが干拓により陸続きとなっています。

JR早島駅
【町内】
町内2駅(いずれもJR)中の中心駅  
【路線】JR宇野線 (岡山-宇野間)
【開業】1910年月6月12日(訪問は2008年8月) 
【1日あたり平均乗車人員】 903人/日
【近隣の都市駅】(岡山方面)岡山駅→5駅
          (宇野方面)茶屋町駅→2駅、宇野駅→9駅 

【類似駅名】林間駅(香川、琴電の駅)…同じ「はやしま」と読む
       林野駅…同じ岡山県内(美作市)の駅で、1字違い

▼駅舎側ではない2番線ホームの待合室です。

待合室は横壁はついていますが、前面は吹きっさらしで室内型にはなっていません。

宇野線としていますが、岡山-茶屋町間にあり、俗に瀬戸大橋線といわれる区間内の駅でもあります。
Himg0165

 

▼ホームは2面2線で、両ホームは跨線橋で結ばれていますが、屋根はついていません。
Himg0160

 

▼両ホームの内側に線路が走っています。

両側とも屋根ひさしのついている区間は非常に短く、殆どが雨ざらしです。
Himg0164

 

▼駅舎内は意外にも多くのベンチが設置されており、自販機も設置されています。
Himg0210

 

▼自動改札機はありますが、簡易式のものです。
Himg0207

 

早島駅の駅舎です。

駅名の部分が青字で表記されています。

平屋根の横に長い駅舎で、個人的には同じ岡山県内の里庄駅と同じような印象を持っていますが、駅前広場の整備具合は早島駅の方が断然進んでいると感じます。その辺りは次回にて
Himg0172

« 鳥取/伯耆 鬼がすわる山 | トップページ | 昔ドラマにおける「少数派」 »

旅行・地域」カテゴリの記事

33岡山県」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: JR早島駅 (岡山県都窪郡早島町):

« 鳥取/伯耆 鬼がすわる山 | トップページ | 昔ドラマにおける「少数派」 »