2020年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« JR出雲三成駅 (島根県仁多郡奥出雲町) | トップページ | 長野/富士見 御射山神戸あたり »

2010年4月24日 (土)

JRすずらんの里駅 (長野県諏訪郡富士見町)

長野県諏訪郡富士見町のJRすずらんの里です。

富士見町は長野県の中東部に位置し、山梨県と接しています。人口は15,299人(2010.3.1現在)で、その名の通り遠くに富士山を眺める事ができるそうです。当ブログでは長野県は5町村をUPしていましたが、初めて木曽郡以外の町の登場です。

-JRすずらんの里
【町内】
町内3駅(いずれもJR)中の1駅  
【路線】JR中央本線 (東京-塩尻間)
【開業】1985年月10月31日(訪問は2008年9月) 
【1日あたり平均乗車人員】 不明
【近隣の都市駅】(東京方面)小淵沢駅→3駅
          (塩尻方面)茅野駅→2駅          

▼1985年開業という比較的新しい駅で、当時は国鉄末期、このようなユニークな駅名とすることについてはかなり物議を醸したのだそうです。付近に事業所をもつセイコーエプソン社(当時はハンドヘルドコンピュータなんかを作っていた頃でしょうか…)が当駅の設置を希望していたそうで、総工費約2億円をかけてつくられたといいます。

隣の富士見は町内の中心駅、青柳は茅野市の駅です。駅名標の上には「かな読み」があり、その下に駅名の正式表記がありますが、「里」が漢字なだけです

Himg0082

 

▼この日はあいにくの天気等々で写真がかすみがちですみません。

ホームは2面2線で、両ホームはつながっておらず、それぞれのホームから階段で下りるようになっており、左側のホームにはカプセル状になったその降り口が見えます。

またホーム上はひさしのある部分が非常に短く殆どが雨ざらしで、右側のホームの向こうにあるような室内型の待合室だけが完全に雨よけできそうな部分です。
Himg0083

 

▼ホームから出口への階段の内部です。

この辺りは雨に濡れないで済みます。

半円状の屋根がある事で中から見ても面白味のない建物になっていない事に一役買っているように思えます。
Himg0080

 

▼この駅は駅舎と呼べるものがなく、階段を降りるとすぐ出口です。

そしてそこは、高架下のトンネルをくぐったばかりの所となっていて、駅前広場スペースもなく、ほぼ乗って降りるだけけの駅という機能に近いものがあります。
Himg0087

このような駅から歩いて何が見えるか?次回にてお伝えします。

« JR出雲三成駅 (島根県仁多郡奥出雲町) | トップページ | 長野/富士見 御射山神戸あたり »

旅行・地域」カテゴリの記事

20長野県」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: JRすずらんの里駅 (長野県諏訪郡富士見町):

» 高血圧を改善する薬はない [高血圧を改善する薬はない]
高血圧を改善する薬はない [続きを読む]

« JR出雲三成駅 (島根県仁多郡奥出雲町) | トップページ | 長野/富士見 御射山神戸あたり »