2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ

« JR新野駅 (兵庫県神崎郡神河町) | トップページ | 兵庫/神河 寺前駅前を眺めて »

2010年4月 3日 (土)

JR寺前駅 (兵庫県神崎郡神河町)

兵庫県神崎郡神河(かみかわ)町のJR寺前(てらまえ)です。

JR寺前駅
【町内】
町内3駅(いずれもJR)中の中心駅  
【路線】JR播但線 (姫路-和田山間)
【開業】1894年7月26日(訪問は2003年7月) 
【1日あたり平均乗車人員】 516人/日(2007年)
【近隣の都市駅】(姫路方面)福崎駅→4駅、姫路駅→11駅
          (和田山方面)和田山駅→6駅     

▼姫路と和田山を結ぶ「播但線」において、電化・非電化の境界となるキー駅です。

姫路から当駅までは電化区間で、姫路からの普通列車はすべてここで乗換が必要となり、この先和田山方面(隣駅・はせ(長谷)駅側)は非電化区間で本数も激減します。

現・神河町(神崎町と大河内町が合併)にはJR3駅ありますが、すべて旧・大河内(おおかわち)町内にあり、今も町内中心駅の座にありますが、利用者数は隣の新野駅より若干少ないようです。

ちなみにこの駅の初訪問は2003年7月(旧・大河内町時代)ですが、ここでは2010年3月再訪時と新旧の写真を併せて掲載したいと思います。写り具合が全然違うので新旧は歴然としていますが…
Himg0068

 

▼ホームは2面3線で、跨線橋にて結ばれています。

ローカル線でもキー駅らしく次の電車の電光掲示がホーム上に設置されています。

また運行の線路以外にも車両が留置されているスペースがあります。

ここでは播但線の普通列車のイメージがつよいワインレッドっぽい車両がありましたが、

近鉄→播但線→名鉄、といった順でしょうか、車体が段々赤くなっていくというか。逆はだんだんワインレッドぽく黒味が増すというか。
Himg0142

 

▼最近、播但線で時々走っているのを見かける「銀の馬車道」列車です。

「銀の馬車道」とは日本初の高速産業道路ともいうべき馬車専用道路で、姫路市の飾磨港から北は生野銀山(朝来市)までの約50kmが1870年代に結ばれたというものです。「生野鉱山寮馬車道」といわれていたそうで、播但線の線路に沿うような形で(本来逆でしょが…)つくられていました。最近盛んにキャンペーンが展開されているように思います。

なんにせよ子どもが喜びそうなデザインですね。
Himg0067

 

▼跨線橋の中は少しポスターが貼られています。

特急「はまかぜ」の停車駅でもあり、こういったメンテもなされているのかな、と。ただ個人的にですが、内装があまりきれいとは思えないのがやや残念な気がします。壁部分がこのての波板というせいもあるのか、また骨組みもかなりゴツゴツした印象で、もっと田舎の駅であれば似つかわしく思えます。もちろん味があるという見方もできるのですが。
Himg0141

 

寺前駅の駅舎、新旧見比べです。(比較しにくいですが…)

上が2003年初訪問時のもの、下が2010年3月、今は新駅舎改築中ですが、2003年当時も駅前広場整備工事中で、いつ行っても工事してるのかと思いましたが…。

なので2003年にこれだけしっかり存在していた駅舎も、今は出入口付近の一角を残すのみで、駅舎そのものは出札と通路のみといった状態、待合室とトイレは簡易のものが少し離れた所(下の写真の右手前、信号の柱のすぐ右の部分)に仮設されています。
Jr

Himg0071

▼こんな風になるらしいです、新・寺前駅のイメージ図。

キー駅たるにふさわしい風格を備えるようになるのかな、といった印象です。帰省などで電車でここに帰って来る人たちなどは、駅が大きくなっていると嬉しいと思ったり、かつての懐かしい駅がなくなって寂しいと思ったり、色々捉え方があるのかな、と思ったりしますが、新生・寺前駅にはまた行ってみたいものです。ここからそう遠くないし。
Himg0133

今回ここを起点にそれなりに散策もしてきたので、次回はその辺りの様子を

« JR新野駅 (兵庫県神崎郡神河町) | トップページ | 兵庫/神河 寺前駅前を眺めて »

旅行・地域」カテゴリの記事

27兵庫県」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: JR寺前駅 (兵庫県神崎郡神河町):

« JR新野駅 (兵庫県神崎郡神河町) | トップページ | 兵庫/神河 寺前駅前を眺めて »