2024年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29    
無料ブログはココログ

« 京都/大山崎 山崎駅前にて | トップページ | JR阿波加茂駅 (徳島県三好郡東みよし町) »

2010年4月22日 (木)

京都/大山崎 離宮八幡宮 油の神社

京都府乙訓郡大山崎町、JR山崎駅から歩いてすぐの離宮八幡宮へ。

▼2003年初詣したこの地へ、この時6年ぶりに訪問しました。

859(貞観2)年、岩清水八幡宮として創建したといわれ、応神天皇や神功皇后などが祀られていて、またこの地は嵯峨天皇の離宮跡であったといいます。

こちらは惣門で大山崎町の指定文化財となっており、門の前の説明書きには1635年、三大将軍家光によって再興されたとあります。
Himg0043

 

▼中門です。

2009年1月訪問時は「天皇陛下御即位20年」の垂れ幕が出ていました。
Himg0048

 

▼狛犬はくっきりとしていて、迫力あります。
Himg0049

 

▼本社拝殿です。

唐破風というのか曲線を描いた屋根になっています。

建築様式でいうと流造(ながれづくり)というものになるそうです。
Himg0050

 

▼境内に「本邦製油発祥地」なる碑が建てられています。

時の神官が搾油器なるものを発明し、荏胡麻油の製油が起こった事から来ているそうで、平安時代の「信貴山縁起絵巻」にも大山崎に油搾りに携わる者が居たであろう事が窺える竈や釜が描かれているといいます。それらの油は朝廷や京都の神社仏閣に販売され、大山崎油座として大いに栄えたそうです。
Himg0052

 

▼これも境内にあった「油祖像」です。

灯油として八幡神に献納している寺人(寺社の雑役をする人)の姿だそうです。
Himg0053

大山崎に来て、「時間がない、でも何か見ときたい」という方には是非立ち寄って頂きたい所です。

« 京都/大山崎 山崎駅前にて | トップページ | JR阿波加茂駅 (徳島県三好郡東みよし町) »

旅行・地域」カテゴリの記事

26京都府」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 京都/大山崎 離宮八幡宮 油の神社:

« 京都/大山崎 山崎駅前にて | トップページ | JR阿波加茂駅 (徳島県三好郡東みよし町) »