2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

« 京都/宮津 宮津駅前のようす | トップページ | 岐阜/御嵩 中山道・御嶽宿をゆく »

2010年6月12日 (土)

土佐くろしお鉄道/安芸駅 (高知県安芸市)

高知県安芸市の土佐くろしお鉄道・安芸(あき)です。

安芸市は高知県の東部に位置し、人口は 19,912人(2010.4.30現在)で、阪神タイガースの秋季キャンプ地として大変有名で、また「龍馬伝」の岩崎弥太郎の出身地でもあります。

-土佐くろしお鉄道・安芸駅 
【市内】
市内6駅(いずれも土佐くろしお鉄道)中の中心駅  
【路線】土佐くろしお鉄道阿佐線 (後免-奈半利間)
  ※俗称・ごめんなはり線
【開業】
2002年7月1日(訪問は2006年10月) 
【1日あたり平均乗降車人員】 不明
【近隣の都市駅】(後免方面)のいち駅→10駅 
          (奈半利方面)奈半利駅→7駅 
               ※奈半利駅から室戸へバスでアクセス
 
▼四国の市の駅としては初登場です。安芸市は四国で鉄道駅を持つ市としては最も人口が少ないところですが、ごめんなはり線は西半分が市の駅、東半分が郡部の駅と別れており、安芸市はその東端として境界の位置にあります。また沿線の中間位置でこの駅にて折り返したり、以東は快速電車が運行されたりなどするキー駅の役割を担っています。

隣には「球場前駅」があり、ここでは目の前に安芸ドームがみえます。

ごめんなはり線といえば、アンパンマンの作者・やなせたかし先生により各駅に描かれたキャラクターが名物ですが、ここは「あき うたこちゃん」。安芸市出身の作曲家・弘田龍太郎(1892-1952)に因んだものといわれて、「春よ来い」「鯉のぼり」などそれはもう国民的知名度の童謡の作曲者です。
Himg0091

▼改札へ出る通路です。

「ようこそ安芸へ」の看板がデカデカと掛かっています。

Himg0080

▼こちらは改札外から内部へのカット。

次発電車の電光掲示が設けられています。

左側が後免方面で
普通 13:39 後 免
快速 14:26 高 知 (⇒後免よりJR路線乗入れ)
とあり、
右側は奈半利方面で
普通 14:06 奈半利
普通 15:02 奈半利
とこの安芸駅以東は普通電車しかなく、全くの終着駅である奈半利行のみとなっていて、ほぼ1時間に1本のダイヤとなっています。

Himg0090

▼駅前広場からのホームの様子。石造りの築堤上にあるのが分かります。
Himg0083

「安芸駅ぢばさん市場」として駅内に特産品売り場もあり、駅舎のない駅も多い沿線にあってやはりキー駅たるにふさわしい規模を誇っています。駅職員に売店の従業員と少なくとも常時この人数は居る訳で、他の周辺駅はなかなかこうはいかない訳で、それなりの活気があるというものです。
Himg0081

▼駅名表示のある側を正面にしてのカットです。上の写真は左サイドからのカットですが、駅名の下の部分からも左横からも出入が可能となっています。

2F建てではなかったと記憶していますが、建物が高くて駅舎の豪華感が引き出され、また多くの瓦が使用されたであろう屋根も立派な駅舎です。

Himg0082

« 京都/宮津 宮津駅前のようす | トップページ | 岐阜/御嵩 中山道・御嶽宿をゆく »

旅行・地域」カテゴリの記事

39高知県」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 土佐くろしお鉄道/安芸駅 (高知県安芸市):

« 京都/宮津 宮津駅前のようす | トップページ | 岐阜/御嵩 中山道・御嶽宿をゆく »