2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

« 長良川鉄道/美濃市駅 (岐阜県美濃市) | トップページ | 名鉄/笠松駅 (岐阜県羽島郡笠松町) »

2010年6月22日 (火)

近江鉄道/日野駅 (滋賀県蒲生郡日野町)

滋賀県蒲生郡日野町の近江鉄道・日野(ひの)です。

日野町は滋賀県の南東部に位置し、琵琶湖にも県外にも接しておらず、人口は 22,629人(2010.5.1現在)で、近江日野商人であり、城跡や寺院の数多い歴史の感じられる町です。

-近江鉄道・日野
【町内】
町内唯一の駅  
【路線】近江鉄道本線 (米原-貴生川間) 
【開業】
1900年10月1日(訪問は2009年2月)
【1日あたり平均利用客】 不明
【近隣の都市駅】(米原方面)八日市駅→7駅
          (貴生川方面)水口駅→2駅、貴生川駅→5駅

▼私が行った事のある同名駅としては、JR日野駅(東京都日野市)があります。

この駅の魅力はなんといってもその古めかしさ、ホームに居てもタイムスリップしたような素晴らしい空間がそこにあります。左側にチラッと見える木造の建屋にもその一端が窺えると思います。ちなみに開業はちょうど1900年、ギリギリ19世紀です。

米原方面へは旧・八日市市の中心駅である現・東近江市の八日市駅まで7駅で、貴生川方面へは旧・水口(みなくち)町の近江鉄道での中心駅である水口駅(現・甲賀市)まで2駅、終着でJRにも連絡する同じ甲賀市の貴生川(きぶかわ)まで5駅で到着します。

Himg0156

▼こんな壁付けタイプの駅名標もあります。

周りの木目がなんともいえない雰囲気で、時の止まったような空間です。
Himg0163

▼ホームは2面2線で、左が駅舎側です。両ホーム間は跨線橋がなく、構内踏切で渡る構造となっています。

また右側ホームは向こう側にあり、左側のホームはこんな手前まであって、構内踏切を含めて鍵形のような互い違いのホーム構造になっています。
Himg0158

▼上の写真でいう右側ホーム、駅舎のない側のホームですか、この光景には感動を覚えました。なんたるこの天然の古めかしさ、木の柱にかなり年季の入った屋根部分、かすれ具合が何ともいえず、そしてまた迫力も感じます。

これはもう完全に時間止まってるでしょ、って感じでした。
Himg0150

▼こちらは駅舎側のホームの屋根下部分、木の柱の素晴らしさに感動していました。

昔のまんまのような木製イスもvery goodでした!
Himg0154

▼こんなところもタイムスリップした感じ、どこを見ても何十年も前のような光景であるところがこの駅の素晴らしいところで、人口2万の町唯一の駅にして近江鉄道においてもキー駅のひとつであるとは思えないほどです。
Himg0160

▼これもホームの一部の様子。

古い住宅の玄関脇のような雰囲気です。

木造の建屋、マトモにコンクリートの色をした床、昭和の香り満載です。
Himg0159

▼ホームから構内踏切越しに見た改札周辺の様子です。

関節のついた構内踏切が渋いです。

改札周辺は柵状のものがいくつか置かれています。全体的にコンクリートのゴツゴツした感じが重量感があっていいなと思います。
Himg0161

日野駅の駅舎です。

大きな屋根の見事な和風建築風建屋で、屋根の裾の部分が角度を変えて広がっているのが素晴らしさを一層引き立たせているように思えます。

出入口の上部分の屋根瓦から突き出ているような屋根部分はちょっと浮いてる感じもしなくもないですが、インパクトはあります。また出入口の戸が木造である事も見逃せません。駅舎は1900年開業以来のものといわれています。そのせいか自販機や電話ボックスなども少々浮き気味のようにも思えますが、それだけ駅舎そのものの風格が素晴らしいというものでしょうか。
Himg0113

« 長良川鉄道/美濃市駅 (岐阜県美濃市) | トップページ | 名鉄/笠松駅 (岐阜県羽島郡笠松町) »

旅行・地域」カテゴリの記事

25滋賀県」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 近江鉄道/日野駅 (滋賀県蒲生郡日野町):

« 長良川鉄道/美濃市駅 (岐阜県美濃市) | トップページ | 名鉄/笠松駅 (岐阜県羽島郡笠松町) »