2020年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ

« 名鉄/知多奥田駅 (愛知県知多郡美浜町) | トップページ | JR江津駅 (島根県江津市) »

2010年7月13日 (火)

JR御坊駅 (和歌山県御坊市)

和歌山県御坊市のJR御坊(ごぼう)です。

御坊市は和歌山県の西部中ほどに位置する海に面する市で、人口は25,791人(2010.5.1現在)で和歌山県の市では最も人口が少なく、唯一の2万人台です。

約400年前に浄土真宗本願寺の日高御坊が建立され「御坊さま」と親しまれた事からきているといいますが、子どもにも覚えやすい市名で?!個人的にその名前だけは印象の深い市でもあります。ちなみに麻雀牌の生産日本一の市でもあるそうです。

-JR御坊
【市内】
市内6駅(JR2,紀州鉄道4)中の中心駅    
【路線】JR紀勢本線(亀山-和歌山市間)
【開業】1929年4月21日(訪問は2009年8月)
【1日あたり平均乗車人員】 1,891人/日 (2006年)
【近隣の都市駅】(亀山方面)紀伊田辺駅→9駅
          (和歌山市方面)箕島駅→7駅

▼和歌山県で最も人口の少ない市の中心駅で、和歌山県の市の駅としては初登場です。

子どもの頃は「ゴボウ」なんて、食べ物を連想しながら言ってましたが、由緒ある名前なんですよね。紀州鉄道の駅もあるのですが、そこへは目もくれずに過ごしてしまいました。

Himg0199

▼ホームは2面3線ですが、紀州鉄道用の切り欠きホームがあるので2面4線となります。

「本場の味覚 クエ」とアピールされた幕がホームを飾っています。クエは大型魚で脂も乗っていながら味はしつこくないというのですが、「本場」という言葉に弱い身としては食べたくなります。
Himg0200

▼駅出入口には「クエの駅・御坊」と表記されています。

両サイドには提灯と、さすが市の中心、歓迎ムードはよくつくられています。

駅舎内はKioskが営業しており、この辺りは市の中心駅が両方面10駅近くないので、周辺のキー駅として栄えている部類になります。
Himg0202

御坊駅の駅舎です。

基本的にJRが前面に出ています。そのせいか?!訪問時も紀州鉄道の存在をすっかり忘れてしまっていました。白いタイル調がベースとなっている感があり、大理石的な質を感じます。また、出入口付近が少し高くなっていて、単なる平屋駅という印象を払拭しています。これこそが市の中心駅感というものでしょうか。
Himg0207

▼駅舎ほぼ全体像です。全体としてはかなり横長の建物となっています。

駅前広場を含めてのカットですが、タクシーが多く停まっていて(これで見る限りでも10台程度)、またオブジェの妙な曲線がインパクト大ですが、真っ先に知恵の輪を連想してしまいました。

駅舎の右側は駅弁のお店のようです。
Himg0210

« 名鉄/知多奥田駅 (愛知県知多郡美浜町) | トップページ | JR江津駅 (島根県江津市) »

旅行・地域」カテゴリの記事

30和歌山県」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: JR御坊駅 (和歌山県御坊市):

« 名鉄/知多奥田駅 (愛知県知多郡美浜町) | トップページ | JR江津駅 (島根県江津市) »