2024年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29    
無料ブログはココログ

« JR須崎駅 (高知県須崎市) | トップページ | 名鉄/知多奥田駅 (愛知県知多郡美浜町) »

2010年7月 9日 (金)

JR福崎駅 (兵庫県神崎郡福崎町)

兵庫県神崎郡福崎町のJR福崎(ふくさき)です。

福崎町は兵庫県のど真ん中からやや南西部に位置し、人口は20,426人(2010.5.1現在)です。民俗学の父・柳田國男の出身地であり、姫路市のすぐ北にあるベッドタウン的な町です。現・神崎郡3町(ほかに神河町市川町)のうち最も人口が多く、唯一2万を越えており、神崎郡の代表的な町でもあります。

-JR福崎
【町内】
町内唯一の駅  
【路線】JR播但線(姫路-和田山間)
【開業】1894年7月26日(訪問は2003年7月)
【1日あたり平均乗車人員】 2,172人/日 (2008年)
【近隣の都市駅】(姫路方面)姫路駅→7駅
          (和田山方面)寺前駅→4駅、和田山駅→10駅

▼播但線で姫路から出て、この駅が初めて姫路市外となります。ちなみに旧・香寺町が姫路市と合併する前は姫路市を出て3駅目でした。隣は旧・香寺町で現・姫路市の溝口駅と市川町の甘地駅です。

個人的には福崎町自体の初訪問は1993年11月、この駅への初訪問は2003年7月でこの写真はつい最近、2010年6月のものです。

播但線の途中駅では最も利用者数の多い駅で、また片端の和田山駅よりも多いので、姫路駅に次ぐ2位の利用者数といえます。

Himg0455

▼ホームは2面3線あり、跨線橋でつながっています。

右が駅舎側で、左のホームには室内型の待合室があります。

ひさしの棚受けのようなものが妙に印象的でした。
Himg0457

▼待合室内の様子です。

壁にくっついた木製の長いすが両サイドにあり、それなりの人数が座れます。
Himg0458

▼ホームには電光掲示の次発列車の案内があります。

播但線のキー駅であり、少ないながら特急も全停車します。
Himg0414

▼跨線橋内です。

特急停車駅らしく掲示物で埋め尽くされています。

尚、特急はまかぜは姫路駅の次に停車します。
Himg0416

▼跨線橋から見下ろした線路周辺の様子です。

多少緑も見えますが、右側などは特にすっかり街です。

駅ホームには3本も線路がありますが、向こうに行くにつれ合わさっていくのが分かります。
Himg0417

▼こちらは当駅初訪問の2003年当時の写真ですが、駅舎内の様子です。

仕切りの向こうに待合室があり、ちょっと格上感のある駅と思いました。播但線で姫路市を出ると、電光掲示のある駅も僅かになってしまいます。
Photo

福崎駅の駅舎です。

平屋ですが横に長めでやや規模が大きいかな、という駅舎です。入口の平屋根の上に大きく「福崎駅」とありますが、その下にも小さく駅名表示があります。ただJRの文字はいずれにもありません。昔からあった表示なのでしょうか。
Himg0420

« JR須崎駅 (高知県須崎市) | トップページ | 名鉄/知多奥田駅 (愛知県知多郡美浜町) »

旅行・地域」カテゴリの記事

27兵庫県」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: JR福崎駅 (兵庫県神崎郡福崎町):

« JR須崎駅 (高知県須崎市) | トップページ | 名鉄/知多奥田駅 (愛知県知多郡美浜町) »