2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

« JR八幡浜駅 (愛媛県八幡浜市) | トップページ | JR夕張駅 (北海道夕張市) »

2010年10月19日 (火)

北海道/夕張 新夕張の街を歩く

北海道夕張市、JR新夕張駅に降り立ち、来たかった夕張に来たんだ~、という思いを噛みしめつつ歩いてみた街です。

▼新夕張の駅を出て、駅前広場から階段を降りた広場にあった新夕張駅前のバス待合所。小屋状の待合室がポツリと置かれ、あたりは寂しげでした。
Himg0042

▼そのバス待合室から広場を隔てて向かいにあったのが、このメロードというコープです。メロンからついた名前でしょうか??

店屋根の縁の左側にはメロンがくっついていました。
Himg0041

▼左向こうが駅で右がメロードというロケーションですが、いうなればここが駅前の道路という事になるでしょうか。10月にしてすっかり色づいた葉たち。沿道に植えられた花々も見事です。
Himg0056

▼上の写真の道路を少し歩けばすぐにこのような幹線道に出ます。

駅の前はコープ以外何にもない感じで、そのまんま幹線道に出るのですが、駅が大きかったのでもう少しは都会的な雰囲気なのかな、と思っていましたが、ちょっと違っていたと感じました。夕張駅の方がメインっぽいな、と。
Himg0045

▼上の写真でチラッと右側に見えていましたが、新夕張駅の拠点郵便局「紅葉山郵便局」です。その名にふさわしい出で立ちですね。こんなに植樹されてる郵便局も珍しい気がします。
Himg0054

▼こういうのを見かけると、改めて夕張に来たんだな~と実感します。
Himg0046

▼近くにあった紅葉山神社です。

北海道で神社を見たのは昨年GWの3度目訪問で初めてだったように記憶していますが、写真に収めたのはこれが初めてだと思います。北海道らしいのはこの屋根でしょうか、本州でよくある瓦屋根ではないところに北海道を感じました。
Himg0049

▼駅の方へ戻ってきました。

右側の階段を上がれば駅前広場です。

しかし人影を感じる事の少ない寂しい街だと感じました。炭鉱という基幹産業のもとを失って骨抜きになったような街をイメージしてきましたが、半分はその通りかなという印象でした。ここから夕張駅へ向かいましたが、もっと賑わっててくれ、と念じながら向かったのでした。
Himg0059

« JR八幡浜駅 (愛媛県八幡浜市) | トップページ | JR夕張駅 (北海道夕張市) »

旅行・地域」カテゴリの記事

01北海道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 北海道/夕張 新夕張の街を歩く:

« JR八幡浜駅 (愛媛県八幡浜市) | トップページ | JR夕張駅 (北海道夕張市) »