2020年3月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« JR武豊駅 (愛知県知多郡武豊町) | トップページ | 奈良/野迫川 ひとり降り立った所… »

2010年11月19日 (金)

JR黒部駅 (富山県黒部市)

富山県黒部市のJR黒部(くろべ)です。

黒部市は富山県の東部に位置し、人口は41,970人(2010.8.1現在)で、日本有数のV字谷の黒部峡谷を有し、2006年には宇奈月温泉のある宇奈月町と合併し新生黒部市として再スタートしました。かつての名作映画「黒部の太陽」の黒部ダムは黒部市ではなく立山町なのだとか。またウルトラマンのハヤタ隊員として、その後独特の残忍な悪役で知られた俳優の黒部進さん(吉本多香美さんのお父さん)はここ黒部出身である事から芸名の姓にしているそうです。

-JR黒部
【市内】
市内21駅(JR2、富山地鉄15、黒部峡谷鉄道4)中の中心駅
【路線】JR北陸本線(米原-直江津間)
【開業】
1910年4月16日(訪問は2008年8月)
【1日あたり平均乗車人員】 1,590人/日 (2007年)
【近隣の都市駅】
(米原方面)魚津駅→隣駅
          (直江津方面)糸魚川駅→9駅 

▼今年100歳を迎えた駅です。

隣には魚津駅があり、市の中心駅が2駅続きます。

JRには市内に2駅しかありませんが、富山地方鉄道が通っていて駅間が短い事もあり市内に15駅もあります。ちなみに電鉄黒部駅とは1kmほど離れており、隣の魚津駅だと両者の乗換えは容易です。

Himg0305

▼ホームは2面3線です。ここは1番線、沢山の広告看板がかかっていました。右には北陸本線らしい電車が。
Himg0291

▼上から見たホームの様子です。

意外に向こうは山が圧倒しているような風景ではありませんでした。
Himg0307

▼改札周辺の様子です。

自動改札はなく、窓口のそばを通る構造になっていました。
Himg0308

▼黒部駅の駅舎です。

富山県の小都市独特の平屋根かつ横に長い駅舎です。

屋根の上に「黒」「部」「駅」と一文字ずつ取り付けられ、屋根の縁にあたる部分には「Kurobe Station」とおしゃれに描かれています。
Himg0301

▼別アングルで向かって左前から。
駅舎が横に長い様子が分かると思います。

ロータリーも整備され、花が等間隔に置かれ、白線はぐるっと円を描いています。
Himg0294

▼駅から出て目線の様子です。

それなりに高い建物が所々に見えます。

ビジネスホテルより旅館がまず目につき、小都市独特の雰囲気を感じます。
Himg0292

« JR武豊駅 (愛知県知多郡武豊町) | トップページ | 奈良/野迫川 ひとり降り立った所… »

旅行・地域」カテゴリの記事

16富山県」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: JR黒部駅 (富山県黒部市):

« JR武豊駅 (愛知県知多郡武豊町) | トップページ | 奈良/野迫川 ひとり降り立った所… »