2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ

« JR近江今津駅 (滋賀県高島市) | トップページ | JR光駅 (山口県光市) »

2011年1月26日 (水)

JR岩出駅 (和歌山県岩出市)

和歌山県岩出市のJR岩出(いわで)です。

岩出市は和歌山県の北端に位置し、大阪府にも接しており人口は52,809人(2010.11.1現在)です。2006年に那賀郡岩出町が人口5万人を越えたこともあり、そのまま市制施行してできた新しい市で、合併以外でできた数少ない市のひとつです。

1970年代には人口が15,000余りだったのが、80年に24,000、90年に32,000ときて、2000年には48,000という爆発的増加を続け、現在は52,000余りと加速度は落ちたもののまだまだ右肩上がりの模様です。

-JR岩出
【市内】
市内2駅(いずれもJR)の中心駅    
【路線】JR和歌山線(王寺-和歌山間)
【開業】1901年10月10日(訪問は2010年10月)
【1日あたり平均乗車人員】1,841人/日 (2006年)
【近隣の都市駅】
(王寺方面)粉河駅→4駅
          (和歌山方面)和歌山駅→6駅  

▼近畿地方の駅のある市で最後に訪ねたのがここ岩出市の当駅でした。この駅の訪問により、近畿地方の淡路島を除く全市訪問を達成した訳で、そんな思い入れのある場所なのです。

Himg0023

▼ホームは2面2線、屋根のない跨線橋でつながっています。

ホーム上の屋根つきゾーンはごく限定的で田舎駅の様相です。いくら数年前まで郡部だったとはいえ、市の中心駅のイメージとは程遠い印象を受けたホームの様子でした。
Himg0026

▼ホーム上の跨線橋を降りた辺りです。

看板が点在しており、この辺りに微妙に自治体の中心駅らしさが見え隠れする感がありました。しかし吊り式駅名標もなければ、「ようこそ岩出へ」みたいな看板もなく、やや寂しい印象を受けました。

郡部であったとしても人口5万にまでなった割には利用者数があまり多くないようで、そういうところがこの雰囲気に反映しているのかもしれませんがあくまで個人的感想なので実際のところはよく分かりません。
Himg0027

▼岩出駅の駅舎です。

改札を出て左側へ出るタイプの構造ですが、正面から写真を撮りづらく、サイドからのカットとなりました。

しかし驚くほど小さい駅舎です。これが市の中心駅??みたいな。

屋根瓦が独特のダークグリーンというか渋い色使いをしています。Tの字っぽい屋根の形も印象的です。

新たに市として誕生した紀の川市の粉河駅とは駅規模では差がついてるなと感じました。市の中心感に乏しいんですよね、駅だけでなくこの周辺も。市役所だって徒歩圏内にあるというのに。立地的にあまり大きな駅舎をつくれそうにない雰囲気もありますが今後の動向に期待したいものです。
Himg0028

Himg0007

« JR近江今津駅 (滋賀県高島市) | トップページ | JR光駅 (山口県光市) »

旅行・地域」カテゴリの記事

30和歌山県」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: JR岩出駅 (和歌山県岩出市):

« JR近江今津駅 (滋賀県高島市) | トップページ | JR光駅 (山口県光市) »