2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ

« JR御宿駅 (千葉県夷隅郡御宿町) | トップページ | JR安房鴨川駅 (千葉県鴨川市) »

2011年3月17日 (木)

JR勝浦駅 (千葉県勝浦市)

千葉県勝浦市のJR勝浦(かつうら)です。

勝浦市は千葉県の房総半島南東部に位置し、人口は20,518人(2010.9.1現在)と首都圏で最も人口の少ない市です。県下2位の漁獲量を誇る勝浦漁港を有し、美しい海岸を持つ海浜の町として知られ、日本を代表するビッグウェーブのスポットで、海水浴客は人口の10倍以上の27万人に及ぶといわれています。

ちなみに関東地方で最も人口の少ない市は、
群馬…沼田市 51,000
栃木…那須烏山市 29,000
茨城…潮来市 30,000
埼玉…幸手市 53,000
神奈川…南足柄市 44,000
東京…羽村市 56,000

(いずれも約数)

となっており、当市はそれらより少なく、関東地方では最も人口の少ない市となります。

-JR勝浦
【市内】
市内4駅(いずれもJR)中の中心駅
【路線】
JR外房線(千葉-安房鴨川間)
【開業】
1913年6月20日(訪問は2011年1月)
【1日あたり平均乗車人員】
1,315人/日 (2009年)
【近隣の都市駅】
(千葉方面)大原駅→3駅         
          (安房鴨川方面)安房鴨川駅→6駅  

千葉県の駅連発ですみません、撮り溜めた写真を一気にUPしております。前回の御宿駅に寄る前に訪ねたのが、ここ勝浦です。和歌山県の那智勝浦町にある駅は「紀伊勝浦」と旧国名を冠しています。白浜・勝浦など紀伊半島とこの房総半島では同じ地名を多く持っています。

御宿は隣駅で、開業日も全く同じ。再来年で開業100周年を迎えます。
Himg0197

▼ホームは2面3線あります。

こちらの両サイドに止まるホームは幅が広めに取られています。電車は211系というものでしょうか。
Himg0196

▼ホームからの眺めでひと際目を惹くのがこの「はげ山」

正面は岩が剥き出しでありながら、横から見ると木が並んでいて、かつ幹の部分が結構目立っている何か不思議な印象を受けてなりません。人間の髪型で言う、トサカのようなカットを横から見たような感じ?といいますか。

かつうら海中公園、という看板が出ています。車で7分、というのが徒歩で訪問してる身にはやや遠いかな、と尻込みさせます。
Himg0194

▼ホームから階段を上がって振り返ったところです。

勝浦の歓迎看板がでかでかと出ていて、また勝浦のキャラクター・カッピーというのも端っこに描かれています。勝浦を代表する特産のカツオがねじり鉢巻を巻いたキャラクターで、全国から654通の応募を経て2010年2月に誕生したばかりのマスコットです。

でこれがなかなか仕事していて、Tシャツ、地酒、ピーナッツ(千葉の特産)、ゴーフレット、そしてそして…「勝浦ご当地ソング」のCDにもそのキャラが登場しているのです。
Himg0253

▼この駅ではげ山の次に、コレという深い印象を刻み込まれたのはこのトイレです。

駅トイレにこの色使い、こんな所にも金がかかっていて?なかなか感動ものでした。

この鮮やかさ、トイレじゃないみたい?!
Himg0201

▼トイレの内部から(失礼…)

ドアまで曲線でオシャレじゃないか!とまたまた感動するのでした。
Himg0250

▼ホームから階段を上がって改札周辺部分です。

この左が先ほどのトイレですが、このフロアもなかなかきれいでいい感じです。全体的にピカピカしてる感じでしょうか。
Himg0251

▼駅内、改札出た後のスペースに養珠院像が飾ってありました。

養珠院というのは、徳川家康の側室で水戸藩を治めた徳川頼宣・頼房の母にあたります。

勝浦城の落城時に、市内の八幡岬という所の40mもの断崖から白い布をたらして飛び降り、小船に乗って伊豆の韮山に身を隠したといいます。その後に先の二子を産み、うち頼房の子は光圀であり、早い話、「水戸黄門のおばあさん」なる人物です。
Himg0211

▼養珠院銅像の原型としてガラス張りで飾られているのがこちら。

人の背よりも高く、駅内でこの写真を撮っている方々が結構居られました。
Himg0207

▼駅出て自由通路の上です。

入口には駅名の表示がなされています。

両サイドの柵は高くて安全面は申し分ありませんが、景色が見づらいのがやや残念なところかなと。
Himg0206

▼駅出口の階段部分、柱の上下で白とブルーの鮮やかなカラーリングが目を惹きます。この赤っぽい階段も華やかですね。
Himg0247

▼勝浦駅の駅舎、ほぼ全体像です。

線路の上部分にあたる橋の部分にも駅名が表示され、各出口にも表示があり、「勝浦駅」の表記が所々で見ることができます。

階段上の屋根のエアな感じが海浜都市を感じさせます。
Himg0217

▼階段を降りてすぐの地点にある動輪です。

かつてこの房総の地を駆け巡った蒸気機関車のものだそうで、郷土に文化をもたらして先人の偉業を讃えるものとして飾られている、と書かれていました。
Himg0214

▼駅前広場の様子を少し。

おみやげやさんが目の前にあったり、あと何といってもDOMDOMのハンバーガーの店があった事にひどく驚きました。まだあったのか、と思って。日本初のハンバーガーショップならびにファーストフード店は他ならぬこのドムドムなんですね、マクドじゃなくて。私が生まれた1970年の誕生、タメ年な訳です。なんかなくなったな、、と思ってたらダイエー系なんですね。それでも残っているのは嬉しいものです。
Himg0220

« JR御宿駅 (千葉県夷隅郡御宿町) | トップページ | JR安房鴨川駅 (千葉県鴨川市) »

旅行・地域」カテゴリの記事

12千葉県」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: JR勝浦駅 (千葉県勝浦市):

« JR御宿駅 (千葉県夷隅郡御宿町) | トップページ | JR安房鴨川駅 (千葉県鴨川市) »