2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ

« 京急/三浦海岸駅 (神奈川県三浦市) | トップページ | JR東羽衣駅 (大阪府高石市) »

2011年3月22日 (火)

北近畿タンゴ鉄道/峰山駅 (京都府京丹後市)

京都府京丹後市の北近畿タンゴ鉄道・峰山 (みねやま)です。

京丹後市は京都府北西端の丹後半島の大部分を占め、人口は59,076人(2010.9.1現在)で、2004年にこの駅のある旧中郡峰山町、大宮町、竹野郡網野町、丹後町、弥栄町、熊野郡久美浜町の6町が合併してできた新しい市です。

中でも峰山は丹後ちりめんの産地として、またノムさんこと野村克也氏の出身高校のある地としても非常に有名です。

-北近畿タンゴ鉄道・峰山
【市内】
市内7駅(全て北近畿タンゴ鉄道)中の中心駅
【路線】
北近畿タンゴ鉄道宮津線(西舞鶴-豊岡間)
【開業】
1925年11月3日(訪問は2010年9月)
【1日あたり平均乗車人員】
252人/日 (2008年)
【近隣の都市駅】
(西舞鶴方面)宮津駅→5駅         
          (豊岡方面)豊岡駅→7駅  

▼割に近くにありながら、それ故かなかなか訪問できなかったこの地。

2010年の「あの」猛暑が過ぎ去った直後、急激にグッと寒くなった雨の日にやっと訪ねる事ができました。京丹後市自体は1999年12月に当時で年2度目の温泉(当時は滅多に温泉入らなかったので)ってことで、久美浜温泉に連れ立って行ったのですが、それ以来11年ぶりに市内への立入り。網野とか他にも行きたい所多々あり、この機会に行きたい駅は全部行きました。今は市内全て北近畿タンゴ鉄道の駅となっていますが、第3セクター化される1990年まではすべてJRでした。

Himg0065

▼ホームは2面3線で、右側のホームはなかなか渋いつくりになっていて、向こうの方に壁面とベンチのスペースと、さらに奥に室内型の待合室がある構造、個人的にこういうタイプ、好きです。
Himg0067

▼この駅で目を惹くのは、この跨線橋。

色鮮やかなブルーカラーに、この橋の真ん中部分の素晴らしいデザイン。江戸時代に丹後の財政を潤したといわれる「丹後ちりめん」の機織り機がモチーフだそうで、絹にあたる部分もつくられているところがなんとも凝ってます。タンゴ鉄道も駅舎などが凝ったものが意外に多く、ひとつひとつ駅を訪ねるのも大変おもしろいと思います。
Himg0069

▼丹後ちりめんの里として、また丹後国風土記に表れた天女の羽衣伝説の里として峰山をPRしている看板、昔チックなところが個人的に大変目を惹きます。

向こうには駅ホームの柱や屋根の骨組み、椅子に至るまでブルーカラーづくしとなっているのが見えます。
Himg0066

▼こちらにあるのは旧・弥栄町のPR看板。ここは明智光秀の三女にして細川忠興の妻・ガラシャ幽閉の地とされています。
Himg0064

▼跨線橋の中、結構狭いです…

橋上駅舎で、この出口にあたる部分が改札、そして双方向に出口があります。
Himg0061

▼峰山駅の駅舎です。

市の中心の割にはそんなに大きな駅ではありません。郡部の頃から変わってないと思うので、それも致し方なしかなとは思いますが、ここが京丹後駅とかには当分ならないでしょうかね。駅名変更ってかなりな出費を各方面に強いるとか、地元から旧駅名が消える事に反対にあうという事もあるしで。

平たい屋根に出入口の部分が半円状に突出するというデザインで、その部分に駅名の表示があり、このアクセントが単調な建屋にならない事に貢献しているように思います。

ここから見ても機織り機にあたる部分がよく見えて、なかなかいい感じです。来る前に駅舎の様子を「予習」してから来たのですが、期待にたがわず良かったです。
Himg0074

« 京急/三浦海岸駅 (神奈川県三浦市) | トップページ | JR東羽衣駅 (大阪府高石市) »

旅行・地域」カテゴリの記事

26京都府」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 北近畿タンゴ鉄道/峰山駅 (京都府京丹後市):

« 京急/三浦海岸駅 (神奈川県三浦市) | トップページ | JR東羽衣駅 (大阪府高石市) »