2020年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 上信電鉄/上州富岡駅 (群馬県富岡市) | トップページ | 名鉄/三河高浜駅 (愛知県高浜市) »

2011年5月16日 (月)

長野電鉄/須坂駅 (長野県須坂市)

長野県須坂市の長野電鉄・須坂(すざか)です。

須坂市は長野県の北東部に位置し、人口は52,078人(2011.3.1現在)で、江戸時代は須坂藩の陣屋町として栄え、蔵の町としての町並みが今も残っています。

-長野電鉄・須坂
【市内】市内5駅(すべて長野電鉄)中の中心駅 
【路線】
長野電鉄長野線(長野-湯田中間)
          屋代線(屋代-須坂間)
【開業】1922年6月10日(訪問は2011年4月)
【1日あたり平均乗降車人員】
 6,687人/日 (2007年)
【近隣の都市駅】
(長野方面)長野駅→12駅 
          (湯田中方面)信州中野駅→6駅
          (屋代方面)屋代駅→12駅

▼「すか」と濁って読みます。ここに来る前までは「すさか」だと思っていました。

市内にJR駅はなく、すべて長野電鉄の駅となっています。

なかでも当駅は、長野駅から出る長野線と、屋代駅から出る屋代線の交点となる重要なキー駅で、長野電鉄において両路線をもつ唯一の駅です。

Himg0013

▼今年GWの旅で初めて訪問した一番最初の町がここ須坂でした。長野駅からは約30分で着きます。

電車を降りて撮ったこの写真は行き違いで停まっていた列車です。いかにもという感じのステンレス電車でした。

Himg0006

▼これも同じタイプの電車か、側線上に止まっていました。

線路が多く、停車していた電車も結構数多くありました。長野電鉄の車両基地を持っているとの事で、そういう面でも長野電鉄の運行上のキーにもなっているといいます。
Himg0012

▼ホーム真ん中に柱が立ち、屋根は長めに取られていて、市の中心相応の雰囲気を持っています。

吊下げ式の時刻表がかかっていました。
Himg0009

▼長野電鉄でも複数路線を持つキー駅であることもあってか、3面5線もの広大なホームを有しています。跨線橋屋根の鮮やかな色に目を惹きつけられます。
Himg0016

▼名所案内です。

高原の多いところは長野県の町らしいと感じます。

個人的には駅から十分歩いて行ける蔵の町並みがオススメです。
Himg0010

▼駅跨線橋をあがっていくところです。

まっすぐ上がったと思うと途中右に折れ、またまっすぐ階段が続く面白い構造となっています。
Himg0018

▼ホームの中でも印象的だったのがこの風景でした。

古い列車が停まっていたり、あらゆる鉄道部品が集められていたりと、不思議な雰囲気を形づくっていました。
Himg0011

▼須坂駅の駅舎です。

地方私鉄の市の中心駅なので、そんな大きな駅ではないと思っていましたが、思いのほか大きな駅だった事に驚きました。

2F建てでしかも向かいには2Fからそのまま続く通路も持ち合わせており、なかなかの規模を誇る建屋と感心しました。
Himg0023
Himg0024 

▼その駅の2F部分です。

ちょうどGWだった事もあり、北の方では「さくらまつり」の時期で、桜色の幟が並んでいました。
Himg0084

▼2F部の端から覗いた自由通路の様子です。

駅外の自由通路は屋根のない錆びの多いものですが、広大なホームを完全に跨ぐ形での長い通路が設けられていて、駅舎のない側とをつないでいます。
Himg0086

« 上信電鉄/上州富岡駅 (群馬県富岡市) | トップページ | 名鉄/三河高浜駅 (愛知県高浜市) »

旅行・地域」カテゴリの記事

20長野県」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 長野電鉄/須坂駅 (長野県須坂市):

« 上信電鉄/上州富岡駅 (群馬県富岡市) | トップページ | 名鉄/三河高浜駅 (愛知県高浜市) »