2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ

« JR牛津駅 (佐賀県小城市) | トップページ | 松浦鉄道/伊万里駅 (佐賀県伊万里市) »

2012年1月 9日 (月)

JR武雄温泉駅 (佐賀県武雄市)

佐賀県武雄市のJR武雄温泉(たけお・おんせん)です。

武雄市は佐賀県の南西部に位置し、人口は50,463人(2011.12.1現在)で、2006年に隣接する2町と合併し、新生・武雄市となりました。駅名にもなっている武雄温泉が有名で、また陶磁器の町として付近の有田・伊万里などと共に窯元が多く存在し、その生産が盛んに行われています。

-JR武雄温泉
【路線】JR佐世保線 (肥前山口-佐世保間)
【開業】1895年5月5日
【訪問】2011年12月
【1日あたり平均乗車人員】 1,399人/日 (2005年)
近隣の都市駅(肥前山口方面)肥前山口駅→4駅
       (佐世保方面)早岐駅→6駅

▼佐世保線では起点である肥前山口以来の久々の登場となりました。

開業日は前回の牛津駅と同じで、私が訪ねた日も同じです。ちなみに路線はそれぞれ違います。

武雄市ではJRのみ4駅あり、その中心駅の座にありますが、〇〇温泉という「温泉」のついた市の中心駅は加賀温泉(石川県加賀市)、芦原温泉駅(福井県あわら市)など北陸にちょくちょく見られます。その前は武雄駅(開業間もない1897年に改称)だったのですが、1975年に現在の駅名になっています。

この駅のトピックとしてはなんといっても九州新幹線の長崎ルートで新幹線の停車駅となる予定地として注目されている事です。佐賀県では他の市町も予定に上がっていて、このるーどが実現すれば現状の新鳥栖以外にも新幹線停車駅ができる事になるのですが…

この駅名標のイラストは武雄温泉の楼門を表しており、まさに武雄の象徴的存在といえます。

Img_3482


▼ホームは2面3線で高架駅になっています。

ホームの屋根が長きにわたってついていて、壁も長々続いており、かなり高級感のあるホーム周りで新幹線停車駅のようです。って順調にいけばそうなるんですが…。

ここを初めて通ったのは2010年盆の九州旅行の際長崎方面から有田などに寄った後でしたが、すごい豪華な雰囲気で「これは絶対いつか行きたい」と思っていました。それから1年4ヶ月を経てようやくの訪問となったのです。

Img_3481

▼佐世保方面の電車が出るところです。

この電車に乗ってきました。九州、いい電車ばっかりですね。

前回の牛津からたった一駅の肥前山口で乗換えの為しばらく待ち、ようやく来た電車がこれだったのでした。肥前山口の改札出て降り立てば、実に14年ぶりの訪問となった訳ですが、ここへ来るのが遅れてしまうので、それは断念しました。

Img_3483


▼高架駅でも横壁がびっしりとあって、また天井の骨組みもずっと続いていると高級な印象を受けます。ここが単なる高架駅とは違う豪華感というものでしょうか。

Img_3485


▼武雄温泉駅の駅舎です。

こちらは北口で、武雄温泉側。楼門口といわれています。

両側で全然違う形となっていますが、こちらの方がメインかな、という印象を受けました。

ただ、駅前広場が皆無で、駅出るとすぐ道路が線路と平行に走っています。

この駅舎の規模はかなり立派なもので、佐賀県屈指の大きさといえます。

Img_3499

▼上の写真の出入口付近のアップにしたカットです。

上半分は半透明のガラス張りで、下半分はレンガを基調とした洋風建築風の見事な建屋です。屋根縁などの緑のラインもレンガ色とはかなりいいコントラストとなっていて、建物がそれぞれ映えて見えています。下の柱も堂々として立派に見えます。

下半分だけで見ると、東京駅を彷彿とさせる部分も見えなくもないかな、と。

Img_3498


▼バスの乗降場です。

北口を出て左へ少し歩いたところにあります。

こんな風に長いエリアにひさしがとられていて、小都市の割に豪華な雰囲気となっています。

Img_3612

▼こちらは反対側である南口(御船山口)の駅から出て目線の様子、いわば駅前通りです。

黄と緑の並木道がきれいに並んだ通りになっていました。都市の駅前通りのように幅が広いものになっていますが、周りの建物はそんな高いものは見受けられませんでした。

Img_3506

▼南口の駅舎です。

北口とは全然違う雰囲気ですが、こちらも新幹線駅を思わせる立派な駅舎です。

将来を見越して、って事でしょうか。

2枚ある写真の上の方の右側はバス待合室になっています。

Img_3507

Img_3503

▼南口の出入口をアップにしたカットです。

北口がそのまま平地だったのに対して、こちらはスロープがついています。

Img_3513


▼こちらは再び北口。

駅のすぐ前にこの標識があります。

温泉街は10分ほど歩けば行けるので、徒歩でもお勧めです。

ここに写っている楼門を見るだけでもここに来た価値はあると思うので、時間があまりない場合はこれだけでも、というところです。

Img_3496

« JR牛津駅 (佐賀県小城市) | トップページ | 松浦鉄道/伊万里駅 (佐賀県伊万里市) »

旅行・地域」カテゴリの記事

41佐賀県」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: JR武雄温泉駅 (佐賀県武雄市):

« JR牛津駅 (佐賀県小城市) | トップページ | 松浦鉄道/伊万里駅 (佐賀県伊万里市) »