2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

« JR国立駅 (東京都国立市) | トップページ | JR出水駅 (鹿児島県出水市) »

2012年1月23日 (月)

JR佐伯駅 (大分県佐伯市)

大分県佐伯市のJR佐伯(さいき)です。

佐伯市は大分県の最南端に位置し、宮崎県とも接しており人口は75,942人(2011.12.1現在)で、佐伯藩の城下町として栄え、「佐伯の殿様 浦でもつ」と言われるほど、海の幸に恵まれた町です。「さえき」と読まれがちですが、「さき」と読み、広島カープの野村監督、阿南元監督、経団連の御手洗会長、俳優の竹内力氏など実に多種多彩な面々の出身地でもあります。

-JR佐伯
【路線】JR日豊本線 (小倉-鹿児島間)
【開業】1916年10月25日
【訪問】1997年4月
【1日あたり平均乗車人員】 761人/日(2009年)
近隣の都市駅(小倉方面)津久見駅→5駅 
           (鹿児島方面)延岡駅→7駅 

▼前回記事の国立市とほぼ同じ人口ながら、その中心駅の利用者数は国立駅の1.5%程度に過ぎないという、これが地方というものかと感じさせられる数字です。

当駅は1997年、初めて自主的に九州上陸した際の九州一周旅行の行程にて訪れた地で、小倉泊にて朝出発し、この晩は宮崎泊だったのですが、その直前、日中の最後に訪ねた町です。大分県では、中津→別府と来て、この佐伯にやって来ました。ここへ来て、駅前の食堂で晩御飯食べてすぐまた電車に乗った覚えはありますが、それ以外はさして何もしておらず、特に思い出もないので、今度来たら何か見ていきたいものです。

14年も前の訪問で、ここで撮った写真はこの駅舎の写真のみです。

ずいぶんと色褪せた感がありますが、今もこの駅舎のようです。どことなく岡山県の新見駅を連想させる建屋の具合でした。

0003


« JR国立駅 (東京都国立市) | トップページ | JR出水駅 (鹿児島県出水市) »

旅行・地域」カテゴリの記事

46大分県」カテゴリの記事

コメント

こんにちは!佐伯にいらしていたんですね。佐伯出身、在住者です。

佐伯駅前には「とり富」と言う居酒屋、「白龍」というラーメン屋がありますが、この2店舗は個人的にかなりヘビーローテしています!

次回佐伯にお越しの際はぜひご利用下さい♪

佐伯の食情報はコチラで色々と見てみるといいかも知れません。
http://ameblo.jp/sakemai/


今後とも佐伯をどうぞよろしくです!

浅利様

はじめまして。

コメントありがとうございます。
佐伯にはいつかまたしっかり寄りたいと思っていますので、食情報、大いに参考にさせて頂きます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: JR佐伯駅 (大分県佐伯市):

« JR国立駅 (東京都国立市) | トップページ | JR出水駅 (鹿児島県出水市) »