2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

« JR横手駅 (旧) (秋田県横手市) | トップページ | 名鉄/江南駅 (愛知県江南市) »

2012年4月26日 (木)

JR川内駅 (鹿児島県薩摩川内市)

鹿児島県薩摩川内市のJR横手(よこて)です。

薩摩川内市は鹿児島県の北西部に位置し、人口は99,173人(2012.4.1現在)で、2004年には旧・川内市を筆頭に実に1市4町4村もの9自治体が合併し、新生・「薩摩」川内市として10万都市(当時)となりました。

-JR川内
【路線】JR九州新幹線(博多-鹿児島中央間)
      鹿児島本線(川内-鹿児島間)
      肥薩おれんじ鉄道(八代-川内間)  

【開業】1914年6月1日
【訪問】2009年7
【1日あたり平均乗車人員】JR-2,621人/日 (2009年)
                 肥薩-160人/日 (2009年)

【近隣の都市駅(博多方面)阿久根駅→7駅、
                  
新幹線では出水駅→隣駅
           (鹿児島方面)串木野駅→3駅、
                  
新幹線では鹿児島中央駅→隣駅
 

駅名標(新幹線)

新幹線の駅名標です。2004年に開業した九州新幹線が停車し、在来としてはここを境にJR鹿児島本線と肥薩おれんじ鉄道とに分かれ、そういう意味でのキー駅になります。

「せんだい」というと、真っ先に宮城県の仙台が浮かびますが、ここも川内と書いて「せんだい」と読みます。旧市名がそのまま駅名として残る事となっています。

Himg0473

ホーム・1

新幹線ホームのエスカレータ手前に電光掲示の列車案内があります。

こちらは鹿児島中央方面で、新幹線としてはこの鹿児島中央で終わりとなります。

Himg0474

ホーム・2

上の写真から引いたカットです。

安全柵の部分がよく見えますが、さすがは九州新幹線、バッチリ柵がなされているな、と思いました。山陽新幹線ではあまり見られない光景に思えます。

Himg0472


大綱

川内では、川内大綱引という祭事があり、鹿児島県の民俗文化財に指定されているといいます。その歴史は古く、1600年に関ヶ原の戦いに向けて兵士の士気を上げるために、島津氏が始めたとされています。

これはその祭事で実際に使われた綱だそうで、長さ365m、直径35cm、重さは5tにもなるそうです。5㌧もの物体がこの上に乗っているという自体、すごい事だなと感じます。

Himg0476


▼自由通路

当駅は橋上駅舎で、改札を出るとこのような自由通路となっていますが、窓側のベンチのある辺りは床面が波型模様になっていたり、平板なものになっていなくていい感じです。

Himg0480


カッパと大綱のポスト

川内川にはカッパにまつわる伝説があるといいます。

鹿児島ではカッパの事をガラッパといい、良くも悪くも色々と伝説があるようです。駅前には多数カッパの像が見られ、河童地図なるサイトもありました。

Himg0482

駅前を見下ろして

駅前の街並みが一望できるカットです。

ホテルが立ち並んでいたり、そこそこの街並みが整い、中央に広い道路が通っています。

Himg0479


川内駅 駅舎

建屋の半分強程度の屋根部分が緩やかなカーブを描き、それ以外はカクッとした感じでいろんな形の見られる駅舎です。

なんか体育館のような建屋、と感じました。下の写真のように横から見ると特にそう思います。

Himg0489

Himg0499

« JR横手駅 (旧) (秋田県横手市) | トップページ | 名鉄/江南駅 (愛知県江南市) »

旅行・地域」カテゴリの記事

46鹿児島県」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: JR川内駅 (鹿児島県薩摩川内市):

« JR横手駅 (旧) (秋田県横手市) | トップページ | 名鉄/江南駅 (愛知県江南市) »