2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

« JR高山駅 (岐阜県高山市) | トップページ | 阪神/芦屋駅 (兵庫県芦屋市) »

2012年4月 7日 (土)

JR北上駅 (岩手県北上市)

岩手県北上市のJR北上(きたかみ)です。

北上市は岩手県の南西部に位置し、人口は93,622人(2012.2.1現在)で、岩手県では5番目に人口の多い市です。東北最大の河川である北上川から市名がとられています。1991年に平成の大合併の先駆けとなるような大規模合併を経験した事があり、この事がその後の大合併のモデルケースになったとされています。

-JR北上
【路線】JR東北新幹線(東京-新青森間)
      東北本線(東京-盛岡間)
      北上線(北上-横手間)

【開業】1890年11月1日
【訪問】2009年8月
【1日あたり平均乗車人員】 3,467人/日 (2010年)
【近隣の都市駅】(東京方面)水沢駅→3駅   
          (盛岡方面)花巻駅→2駅
          (横手方面)横手駅→16駅 

駅名標

東北新幹線の駅名標です。

東北新幹線と東北本線上にあり、それに北上線では始発駅という位置づけにある駅です。

Himg0369

新幹線ホームと新幹線

東海道・山陽新幹線は結構な頻度で見ますが、東北新幹線となると東京まで出てこないと見ることができないため、やはりデザインとか新鮮な印象があります。

ここへは新幹線で夜にやってきて、宿泊しました。2009年盆の旅、東北を中心に色々行った中のひとつではありますが、その中でも宿泊した地というのは、より思い入れがあります。

Himg0373


北上の四季

新幹線ホームから下りた所のスペースにあった特大ポスターです。

この時訪ねたのが盆時期だったから「夏」が出ていたのでしょうか?

東北六大まつりのひとつとして、北上・みちのく芸能まつりとありました。北上が熱く燃え上がる真夏の三日間だそうです。

8月第1土曜日から3日間行われ、去年記念すべき第50回を数えたそうで、北上の夏の風物詩という訳ですね。
Himg0374

鬼剣舞

「おにけんばい」と読みます。上の写真のポスターのそばにありました。

大同年間(806~809年)に悪魔退散の踊りが誕生したのをはじめとし、11世紀半ばには豪族が将兵の凱旋踊りとしていたと伝えられています。

以後は意味合いが変わったのか今では家内安全・五穀豊穣を願って、この北上地方で受け継がれている踊り、との事で、北上のまつりでは壮大にこの舞が披露されるとあります。確かにYouTubeで見たところ、道の真ん中で壮大に踊っていました。結構飛んだり跳ねたり走ったり、体力使う感じの舞でした。

Himg0375

在来線改札前

在来線に移って、こちらにはこのような座り姿の鬼が…!!

幟持ってるとこが、鬼でありながらどことなく可愛らしさも感じます。

Himg0380

あざやかな壁面

駅舎内の一角の壁面です。

鬼剣舞を中心としたコンセプトで描かれているのでしょうか?鬼面やらその他の色も鮮やかでとてもインパクトあります。

Himg0381

北上駅駅舎

東北の都市駅に多い?!ひらがな表記の駅舎で、「きたかみ駅」となっています。

新幹線も停車するだけあってやはり、そこそこの規模を誇る駅舎となっています。

Himg0021

▼駅舎・正面アップ

駅舎の写真は泊まった翌朝撮りました。

着いた晩も撮ったのですが、UPするに値しないかと思い、明るい時のものだけUPさせて頂きました。

大規模ながら昭和の雰囲気が色濃い感じの駅舎という印象を受けます。これはこれでいつまでも残っていてほしいように思います。

Himg0023




« JR高山駅 (岐阜県高山市) | トップページ | 阪神/芦屋駅 (兵庫県芦屋市) »

旅行・地域」カテゴリの記事

03岩手県」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: JR北上駅 (岩手県北上市):

« JR高山駅 (岐阜県高山市) | トップページ | 阪神/芦屋駅 (兵庫県芦屋市) »