2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ

« JR伊予西条駅 (愛媛県西条市) | トップページ | JR酒田駅 (山形県酒田市) »

2012年6月16日 (土)

JR拝島駅 (東京都昭島市)

東京都昭島市のJR拝島(はいじま)です。

昭島市は東京都の中央よりやや西部に位置し、人口は112,110人(2012.4.1現在)で、拝島と昭和という2自治体が合併して昭島市となっています。国営昭和記念公園を有するなど「昭和」とは縁の深い町です。100万年以上前のクジラの骨格がほぼ完全な形で出土し、「アキシマクジラ」と名付けられ、クジラに因んだ祭りも行われています。

-JR・西鉄/拝島
【路線】JR青梅線(立川-奥多摩間)
      五日市線(拝島-武蔵五日市間)
      八高線(八王子-倉賀野間)
    西武拝島線(小平-拝島間)

【開業】JR-1894年11月19日
    西武-1968年5月15日

【訪問】2006年8
【1日あたり平均乗車人員】 JR-28,350人/日 (2010年)
                 西武-33,233人/日 (2010年)※西武は乗人員数

【近隣の都市駅(奥多摩方面)福生駅→2駅 
           (立川方面)昭島駅→隣駅
           (武蔵五日市方面)秋川駅→3駅
           (八王子方面)八王子駅→3駅
           (倉賀野方面)東飯能駅→4駅
       西武→(小平方面)東大和市駅→4駅

ホームの眺め

この駅では改札内は殆ど撮っていないため、こういうカットからのスタートとさせて頂きました。

昭島市には別に昭島駅というのがありますが、そこへは未訪問でして、市内で行った事がある駅がここだけだったので載せる事と致しました。当駅は、昭島市と福生市の境目に跨る形でありますが、駅所在地としては昭島市になるそうです。

Himg0633

自由通路内・1

改札を出た自由通路内の様子です。

この駅ではかねてから長い踏切が問題となって橋上駅舎化の対策が進められていたそうで、行った時はこのような自由通路ができていました。

大きなガラス面に描かれている絵がとってもきれいですね。

Himg0624

自由通路内・2

北口へ向かってのカットです。

すぐに目に飛び込んできたのは「福生七夕まつり」の横断幕です。

実際訪ねた時はここは福生市の駅だと思ったものでした。というか、拝島市ってあったっけ?行ってみよう!と思って、来てみたのですが、「あれ?福生市の駅だったのか?」という感じでした。所在地が昭島市で、福生市にも跨る、という情報は帰って調べてから知った事でした。

Himg0625

福生コミュニティマップ

ここまで福生福生言ってたら、福生市の中心駅かとこの時は思ったほどでした。福生駅にはこの当時まだ訪ねておらず、その存在すらまともに知らなかったもので尚更でした。

当駅はこの地図内の右端にあたる部分で、様々な鉄道路線が集中しているのがこの地図では分かります。必ずしも市名を名乗る中心駅ではないけれど、かなりの交通の要衝ぶりをうかがわせます。

Himg0626

駅前踏切

東京の交通の要衝たるキー駅でありながら、駅前は意外に穏やかな風景で、高層ビルが立ち並ぶというのとはむしろ対極にあるような雰囲気です。

Himg0629


拝島駅 駅舎

角ばった形の堂々とした橋上駅舎です。

てっぺん部分がパソコンのタスク画面のように横一本の帯状の線の中、「スタート」ボタンのごとく、「拝島駅」なる駅名の表示がなされています。

窓の部分が縦長のものが左半分は等間隔で開き、右側は途切れなく仕切だけで構成されていて、この辺りのデザインのアクセントも単調なものになってなくて良いなと思いました。

Himg0627

« JR伊予西条駅 (愛媛県西条市) | トップページ | JR酒田駅 (山形県酒田市) »

旅行・地域」カテゴリの記事

13東京都」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: JR拝島駅 (東京都昭島市):

« JR伊予西条駅 (愛媛県西条市) | トップページ | JR酒田駅 (山形県酒田市) »