2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

« JR武蔵小金井駅 (旧) (東京都小金井市) | トップページ | 近江鉄道/八日市駅 (滋賀県東近江市) »

2012年6月25日 (月)

JR防府駅 (山口県防府市)



山口県防府市の
JR防府(ほうふ)です。

防府市は山口県の中南部に位置し、人口は115,853人(2012.4.1現在)で、かつて周防国の国府が置かれていたことから防府と呼ばれるようになったとされ、以前は県内有数の拠点都市であったものの、人口10万超でありながら新幹線駅が設置されなかったなどで、拠点性はやや薄れてきているようです。それでも山口県最大の人口密度を誇る都市です。

また「日本で最初に創建された天神様」といわれる防府天満宮を有しています。

-JR防府
【路線】JR山陽本線(神戸-門司間)
【開業】1898年3月17日
【訪問】2006年12
【1日あたり平均乗車人員】 4,004人/日 (2010年)
【近隣の都市駅(神戸方面)新南陽駅→4駅
           (門司方面)新山口駅→3駅

駅名標周辺

山口県内で新幹線駅を有する新山口と徳山のほぼ中間にあたる地点の駅です。開業時の駅名は三田尻駅と名乗っており、現在の防府駅へと名称変更されたのは1962年、今年でそれからちょうど50年になります。

岡山以西の山陽地方で人口10万を越えながら新幹線が停車しないのは、広島県廿日市市と山口県では宇部市とこの防府市ぐらいでしょうか。山口線の開業や新幹線駅設置で都市機能が現在の山口市域の方へ移行していったなど不運な面も見られます。

あと「ぼうふ」と読まれがちですが、「うふ」と濁らず発音します。自動車メーカーのマツダの工場が市域にあり、関連企業も周辺にあり、防府市の工業出荷額は周南市に次いで県内2位です。

Himg0192

ホーム

いくつもジグザグとなった大きな屋根が特徴的な高架駅舎です。

個人的には瀬戸大橋線の沿線でよく見かけるタイプのホーム、という印象が強いです。

Himg0191

ホームから駅前風景

駅の真ん前にSATYがデーンと立っているのが見えますが、2011年3月をもってサティからイオンに変更になっています。この写真は2006年12月当時のものですが、これもまた一時代前の貴重な写真となった訳ですね。

Himg0189

防府駅 駅舎

防府駅は海側の「みなとぐち」と陸側の「てんじんぐち」(防府天満宮側)がありますが、こちらは「てんじんぐち」です。

ここへは防府天満宮へ寄るために来た事もあって、こちら側しか見てません。

高架駅舎だけあって豪華な雰囲気です。新幹線が停まっていてもおかしくない雰囲気で、新幹線設置されなかったのが意外でもあり不運でもあると感じました。

Himg0147

出入口アップ

「てんじんぐち」の出入口付近です。

天満宮の屋根の形を模ったものでしょうか、独特の形をした曲線を描いています。

Himg0145

駅前の大時計

真ん中くり抜き型のユニークのデザインの大きな時計が駅前に座っています。

これを見てタイムショック、と思う方も少なからず居るのではないでしょうか?

この時計は6時になると音楽と共に上部が開き、天神神輿が現れるそうです、見てみたかった…

Himg0149

駅前風景

駅からの目線です。

そこそこの大きさの建物が続いています。

コンクリートでゴツゴツした感じの建物が多く、ひと時代前の印象を受けますが、こういう風景の方がインパクトがあって個人的には好きです。

Himg0146

« JR武蔵小金井駅 (旧) (東京都小金井市) | トップページ | 近江鉄道/八日市駅 (滋賀県東近江市) »

旅行・地域」カテゴリの記事

35山口県」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: JR防府駅 (山口県防府市):

« JR武蔵小金井駅 (旧) (東京都小金井市) | トップページ | 近江鉄道/八日市駅 (滋賀県東近江市) »