2024年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29    
無料ブログはココログ

« JR酒田駅 (山形県酒田市) | トップページ | JR多治見駅 (旧) (岐阜県多治見市) »

2012年6月18日 (月)

南海・近鉄/河内長野駅 (大阪府河内長野市)

大阪府河内長野市の南海・近鉄/河内長野(かわち・ながの)です。

河内長野市は大阪府のの南東端に位置し、奈良県にも和歌山県にも接する唯一の自治体で、人口は111,340人(2012.4.1現在)で、国内の爪楊枝の生産の95%が当地でなされているといいます。

-南海・近鉄/河内長野
【路線】
南海高野線 (なんば-極楽橋間)
     近鉄長野線(古市-河内長野間)

【開業】南海-1898年3月29日
    近鉄-1902年12月12日

【訪問】2007年1
【1日あたり平均乗降車人員】 南海-29,911人/日 (2009年)
                   近鉄-13,637人/日 (2008年)  

【近隣の都市駅】(なんば方面) 金剛駅→3駅 
          (極楽橋方面) 林間田園都市駅→6
          (古市方面) 富田林駅→5駅

駅名標

南海の駅名標です。当駅は南海と近鉄という2つの私鉄だけが共存する珍しい形態の駅ですが、南海にてやってきた事もあり、また利用者数は南海の方が多いのでという事で、記事等の名称は「南海」を先に持ってきました。

南海では高野線という長い路線に属していますが、近鉄では7駅ほど枝分かれした長野線の終着駅という位置づけにあります。ちなみに、河内長野市そのものにJR路線が通っていません。

河内長野は駅名は勿論、市名自体も「河内」と旧国名が冠されていますが、これは長野市が存在しているからでしょうね、大阪にはこのような市が多く、泉佐野市(栃木県に佐野市あり)、泉大津市(滋賀県に大津市あり)や、旧国名ではありませんが大阪狭山市(埼玉県に狭山市あり)などもあります。

Himg0027

ホーム

ホームは南海が2面4線を有し、近鉄は実質1面1線です。近鉄としては、枝分かれして数駅行った所の終着駅なので、それほど設備がなく、殆どが南海の駅という印象でした。

ちなみにこの駅には何故か年初に行く事が多く、全くの偶然ですが初めて来たのが2007年の1月3日で、次に来たのは2010年1月2日でした。ちなみに2010年の時には、千早赤阪村へ行くために最寄駅として来たのでした。

Himg0006

駅舎内

改札出た所です。

直進すると近鉄の改札で、左へ行くと南海側です。

年始の訪問と分かり易い風景で、ショップ南海の迎春看板が出ていました。今からもう5年半前の風景です。

Himg0047

駅舎内・2

出口へ向かわんとするところです。

各お店が並んでいます。
Himg0046

▼線路群と出入口

いくつもの線路と出入口の一か所の様子です。

ここに駅名の表示は近鉄のものに「南海」の字だけ持ってきたという感じで、近鉄メインの出入口という感じがします。

Himg0045

河内長野駅 駅舎・1

南海を前面に押し出した駅舎です。

独特の字体で昭和の名残を今に伝えている、そんな雰囲気を感じます。

建屋もいかにも堂々と建っている感じがします。

Himg0029

駅舎・2

上の写真から角度を変えて、左斜めから撮ったような形です。

南海の堂々とした駅舎と垂直に階段が下りている白い建屋は南海と近鉄を併記する形で駅名が表記されています。

Himg0034


駅前ロータリー

真ん中のモニュメントがジグザグを繰り返しながら天に突き刺さらんばかりで印象的でした。下の部分はなんとなく、お掃除ロボットみたいなイメージを持ちましたが(笑

見えている歩道橋は駅出口からつながっているものです。

長野戎神社は徒歩すぐ、行ってまず押さえておきたい所かな、と思います。この時は初詣かねがね行ってきました。

Himg0032

« JR酒田駅 (山形県酒田市) | トップページ | JR多治見駅 (旧) (岐阜県多治見市) »

旅行・地域」カテゴリの記事

28大阪府」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 南海・近鉄/河内長野駅 (大阪府河内長野市):

« JR酒田駅 (山形県酒田市) | トップページ | JR多治見駅 (旧) (岐阜県多治見市) »