2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ

« JR桐生駅 (群馬県桐生市) | トップページ | JR長浜駅(旧) (滋賀県長浜市) »

2012年7月21日 (土)

JR新居浜駅 (愛媛県新居浜市)

愛媛県新居浜市のJR新居浜(にいはま)です。

新居浜市は愛媛県の東部に位置し、人口は120,849人
(2012.4.1現在)で、愛媛県のいわゆる東予地方の中心都市で、
かつては世界一の産出量ともいわれた別子銅山で栄えた
鉱業の町として住友グループが支えました
。中心地が明確で
なく、市内それぞれの地域で発展していった町でもあります。

-JR新居浜
【路線】JR予讃線(高松-松山間)
【開業】1921年6月21
【訪問】2006年8
【1日あたり平均乗車人員】 1,770人/日 (2009年)
【近隣の都市駅(高松方面)伊予三島駅→6駅
           (松山方面)伊予西条駅→2駅

ホーム

去年で開業90年を迎えましたが、ここへ来たのは2006年の
8月初めで、いまからちょうど6年前の今頃です。

1994年以来、12年ぶりの愛媛県という事でかなり入れ込んで
訪ねて行ったのをよく覚えています。

訪ねた晩は西条市に泊まり、その後西条から川之江やらを
訪ねて、次の宿泊を何処にしようと思ってずっと迷って
いましたが、結局は西条と大して位置的に変わらないここ
新居浜に泊まる事となったのでした。従い、ここには
夜と朝とに駅を訪ねていますが、この写真は翌朝のです。

四国らしいラインカラーの電車が走っていますが、このホーム
はとっても広い幅がとられています。

Dscf0176

駅舎内

こちらはチェックインした晩のカットです。

やはり市の中心駅相応の広さをもった待合スペースという
感じでした。

外へ出るとそのギャップに驚くことになるでしょうが…

Dscf0215


駅舎内・2

ブレブレですみません。

待合室には衝立程度の仕切りがありました。

喫茶スペースもありますが、夜訪ねたら閉まってました…

Dscf0236

新居浜太鼓祭り、のパネル

新居浜は別子銅山で栄えた住友の企業城下町であると共に、
太鼓祭りでも有名で、毎年10/16~18に行なわれる
市内最大のイベントとして、また四国三大祭のひとつとして、
非常に大きな存在である事が窺えます。


Dscf0237

駅前風景

駅舎内のカット御紹介の時、外へ出るとギッャブを感じると
書きましたが、これが駅を出てすぐのカットなのです。

ホントにこれが人口12万の市名を名乗る駅の駅前風景
なのか?と我が目を疑う光景がそこには広がって
いたのでした。

下の2枚の写真の下側は駅前道路です。

泊まったホテルは一応この駅前にあったのですが、
それ以外は高い建物もさしてみあたらず、
駅前道でも片側はほとんど更地で電柱だけが連なる
という状態で、昭和の下町のような景色が続いていました。
(この後再開発が進んだようですが…)

これが「市内で分散して発展」していった当市のカラーを
象徴しているといってもよく、ホテル街はこの駅より少し離れた
ところに全国チェーンのホテルが点在していました。

Dscf0235

Dscf0232

新居浜駅 駅舎

駅だけを見ると、そこそこの規模の駅舎で(人口を考えると
もう少し大きくてよさそうですが…)、中心都市的な雰囲気が
感じられますが、反対に駅前の街の風景が全くの不相応な
状態になっています。


だだっ広い駅前広場は、ど真ん中で島状になったバスのりば
が印象的です。すごくポツンとした感じで。

新居浜を観光する時は、駅前よりも、少し離れたところを
予め的を絞って行った方がいいと思います。ただ、駅前の再開発
が近年ようやく進み、この駅前の様子も少し変わったようです。

またそんな新しい姿を見に行きたいものです、、
と、色んな所を行ってると、あちこちに対してこんな事を
思うのです。体がいくつあっても足りませんが(笑

Dscf0171

Dscf0169







« JR桐生駅 (群馬県桐生市) | トップページ | JR長浜駅(旧) (滋賀県長浜市) »

旅行・地域」カテゴリの記事

38愛媛県」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: JR新居浜駅 (愛媛県新居浜市):

« JR桐生駅 (群馬県桐生市) | トップページ | JR長浜駅(旧) (滋賀県長浜市) »