2024年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29    
無料ブログはココログ

« JR一ノ関駅 (岩手県一関市) | トップページ | JR佐野駅 (栃木県佐野市) »

2012年7月16日 (月)

近鉄/富田林駅 (大阪府富田林市)

大阪府富田林市の近鉄・富田林(とんだばやし)です。

羽曳野市は大阪府の南東部に位置し、人口は118,220人(2012.2.1現在)で、紀伊国へ続く街道で栄え、仏教寺院などにより形成された「寺内町」としても栄えた都市です。またPL教団の本部がある事やその大規模な花火大会も有名で、高校野球の超有名校・PL学園高校も市内にあります。

-近鉄/富田林
【路線】
近鉄長野線 (古市-河内長野間)
【開業】1898年4月14日
【訪問】2008年6
【1日あたり平均乗降車人員】 15,836人/日 (2010年)  
【近隣の都市駅】(古市方面) 古市駅→2駅 
          (河内長野方面) 河内長野駅→5駅

駅名標周辺

富田林市内にはJR駅がなく、主に近鉄駅が占め、南海駅がひとつあるのみで、また市の中心駅である当駅も近鉄の主幹線にはなく、羽曳野市の古市駅から河内長野駅へ分岐する「長野線」の途中駅のひとつに過ぎず、あまりキー駅感がありません。南海ではキー駅のひとつである大阪狭山市の金剛駅が富田林市域との境界にあり、その利用も多いようです。

ただ、PL教団本部がある事から、毎年8/1に行なわれるPLの花火大会では最寄り駅として、その混雑ぶりは容易に想像されます。一度見たいと思っているものの、混雑が人一倍好きではない為になかなか実現されずです…

Himg0614

ホーム

ホームは2面2線のみで、数駅分岐しているだけの途中駅という事もあり、特筆すべき事は見受けられませんが、ホームからは階段を下りて改札に至り、それぞれのホームからはそれぞれの出口へつながる構造です。

Himg0615

駅前ロータリーの様子

ロータリーの真中は割にこじんまりとしたものです。

そんな中で、ひときわ目立つのは、この高く建っている碑ですね。

「楠氏遺跡里程標」とあります。この辺りは楠木氏のゆかりの地で「千早城祉 三里三十二町  赤坂城址へ 一里二十五町 赤坂村 楠公誕生地 一里二十五町」などなどこのサイドに連ねてあります。

下側にある写真は、道標のそばにある「寺内町」案内図です。

富田林は寺内町として栄えたため、古き良き街並みがそこかしこに見られますし、寺院意外にもそのような建物が多くあるのも魅力で、そういう意味では観光のし甲斐があると思います。

Himg0617
Himg0618

駅前通り

駅前は線路と平行の形で幹線道が通っていますが、それと交差しているのが、この写真の道路で、この先は徒歩の観光にはもってこいと思います。

Himg0621

駅前交差点

上の写真が駅から歩いて駅前交差点をまっすぐ向いて撮ったものだとすると、こちらはほぼ同じ地点で左を向いたもので、駅の線路と平行に通っている道です。

Himg0622

富田林駅 駅舎

南口の駅舎です。

北口はまた違うタイプの建屋になっているものの、共に平屋の建物で、人口10万以上の市の中心駅という雰囲気は感じられませんでした。枝分かれ路線の途中駅という位置づけが災いしてのものでしょうか。周りに高層マンションが見えますが、この駅との高さの違いがより一層引き立ってしまってる感じがしました。

Himg0619




« JR一ノ関駅 (岩手県一関市) | トップページ | JR佐野駅 (栃木県佐野市) »

旅行・地域」カテゴリの記事

28大阪府」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 近鉄/富田林駅 (大阪府富田林市):

« JR一ノ関駅 (岩手県一関市) | トップページ | JR佐野駅 (栃木県佐野市) »