2020年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 松浦鉄道/たびら平戸口駅 (長崎県平戸市) | トップページ | JR豊科駅 (長野県安曇野市) »

2012年8月26日 (日)

JR信濃大町駅 (長野県大町市)

長野県大町市のJR信濃大町(しなの・おおまち)です。

大町市は長野県の北西部に位置し、人口は29,199人
(2012.7.1現在)で、黒部立山アルペンルートの長野県側の
玄関口として有名で、長野県のいわゆる大北地方では
唯一の市です。

-JR信濃大町駅
【路線】JR大糸線(松本-糸魚川間)
【開業】1916年7月5
【訪問】2012年8
【1日あたり平均乗車人員】 1,241人/日 (2011年)
【近隣の主要駅】 (松本方面)穂高駅→9駅 
           (糸魚川方面)白馬駅→10駅 

駅名標

東京にある信濃町駅といつも紛らわしいなと思って見ていた駅名
です。新潟県の糸魚川と長野県の松本を結ぶ「大糸線」の駅
初登場ですが、大糸線自体もこの盆に初めて乗りました。

今年盆はかなりあちこち回りましたが、その皮切りとして訪ねた
のがここ大町で、残り3つとなった長野県の未訪門3市(大町・
安曇野・飯山)を完全制覇する旅の皮切りともなった地です。

ここにはいろんな駅名標がありました。

最初のはいかにもJRという感じのものですが、跨線橋階段横に
あたる部分に2パターンもの駅名標がありました。両隣が
北大町、南大町とは大変分かり易いですね…

Img_2113

Img_2114

Img_2116

ホームと電車

乗って来た電車です。

ホームの様子をちゃんと撮ったものがないのですが、
電車の上に跨線橋が通っているのが見えます。

ホームは2面3線あり、大糸線の途中駅では最も多い
利用者数を誇り、列車の夜間停泊もあるキー駅です。

Img_2112

写交場

ホーム上にあった「写交場」です。写真で交流するという事
でしょうか?

記念撮影ポイントとして用意されたもので、訪れた人たちに
それぞれ思い思いに写真に写ってもらおうという事で
壮大なバックグラウンドがあります。家族連れだと駅に来た
だけで想い出づくりができそうですね。

Img_2117

太鼓

上の写真ででっかい背景写真の横にあるものです。

大町は流鏑馬太鼓が古くから伝統芸能として存在し、現在も
保存会の力で継承されています。

Img_2118

駅前広場

駅前はそこそこの台数のタクシーが停まっていて、
タクシー会社の建屋もあります。

「立山黒部アルペンルート」の歓迎看板が出ています。

バスは大町温泉郷などへ行くものがここに出ていて、
更に左側には長野行の特急バスが出ています。

Img_2120

おおまちの水

駅前広場にある大町自慢の宝物といわれる水で
「いくつもの山が通るおいしい水自然に最も近い飲料水」
として飲む事も可との事です。

暑い時に来たので水浴びにちょうど良かったです、
顔洗って一旦スッキリしました。

Img_2124

信濃大町駅 駅舎

今では人口3万を割っていますが、市の中心駅に相応しい
立派な駅舎があります。

濃い目の赤の重厚な屋根がとても印象的な建屋で、
この屋根がまた二重になっているところがよりインパクトを
強めているかな、という感じを受けました。

駅舎内にはコンビニがありみやげ物も売っており、
ご当地のみやげ物を買える所が駅か近くにあるか?
というのを自分の中での田舎都会の判断材料に
しているのですが、そういう所がここにはあって良かった
と思いました。

Img_2128

Img_2126

« 松浦鉄道/たびら平戸口駅 (長崎県平戸市) | トップページ | JR豊科駅 (長野県安曇野市) »

旅行・地域」カテゴリの記事

20長野県」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: JR信濃大町駅 (長野県大町市):

« 松浦鉄道/たびら平戸口駅 (長崎県平戸市) | トップページ | JR豊科駅 (長野県安曇野市) »