2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

« 熊本電鉄/御代志駅 (熊本県合志市) | トップページ | JR人吉駅 (熊本県人吉市) »

2012年8月17日 (金)

JR新水俣駅 (熊本県水俣市)

熊本県水俣市のJR・肥薩おれんじ鉄道/新水俣(しん・みなまた)です。

水俣市は熊本県の最南端に位置し、人口は26,460人
(2012.7.1現在)で、公害によりその名が知られる事になった部分も
ありますが、現在ではその分環境面都市づくりを推進している
といわれ、
生食も可能なサラダたまねぎは高い評価を得ています。

-JR・肥薩おれんじ鉄道/新水俣駅
【路線】JR九州新幹線(博多-鹿児島中央間)
    肥薩おれんじ鉄道線(八代-川内間)

【開業】2004年3月13
【訪問】2012年5
【1日あたり平均乗車人員】 1,050人/日 (2011年)
【近隣の都市駅
       
(八代方面)八代駅→11駅 ※新幹線では新八代が隣駅
       (川内方面)水俣駅→隣駅 
※新幹線では川内が隣駅

駅名標(新幹線)

新幹線の駅名標です。

九州新幹線が開業した2004年にできた新駅で、
同時に新幹線として開業した新八代と川内を結ぶ意味合いから
肥薩おれんじ鉄道として在来の駅でも開業しました。
元々は別の名前で信号場だったのですが、水俣市の
新玄関的な意味合いからこの駅名となり、水俣駅は在来の
隣駅で以前より市の中心として存在しています。

新幹線はほぼ1時間に1本ペースのダイヤとなっています。

Img_9013


新幹線ホーム

新幹線としては2面2線ですが、新駅らしいこの凝ったつくりに
目を奪われること請け合い、といった具合の見事な内装を誇り、
九州新幹線のどこの駅に行っても特に天井の素晴らしさには
感動させられます。

極言すれば、外へ出て何もなくてもこれを見れただけで、
ここへ来てよかった、と思う所があります。それぐらい
新幹線駅のある事自体が立派なのかもしれません。
勿論駅があるだけでは成り立たないんですが…

Img_9012

駅舎内

待合スペース周辺の様子です。

地元の水俣高校や水俣工業高校による様々な作品が飾られ、
しばし見入っていました。

Img_9072

Img_9067

Img_9066


肥薩おれんじ鉄道へ

新幹線の駅舎を完全に出てすぐの所で、かつてのJR在来線
であった肥薩おれんじ鉄道ののりばとつながっています。

肥薩側は無人で駅舎も改札もなく、いきなりこのような入口で、
構内踏切でそのままホームへ行くのみです。

ホームは1面2線であり、すぐ下の写真で渡った先の
ホームの両面に電車が来る形で、渡る手前側のホームは
単に通路として機能しているのみのようです。


Img_9016

Img_9018

Img_9023


新幹線駅舎裏側

新幹線の駅舎から見ると裏側にあたる、この肥薩おれんじ
鉄道のホームからの眺めです。

横線がとにかくビッシリ続いているこの模様?!も圧巻です。

Img_9022

新水俣駅 駅舎

建築家・渡辺誠氏らの手によるもので、規則的なものでなく、
CGにより発生するランダム的な要素も取り入れつつ作り上げ
られたといわれ、手前のモニュメントも同氏の手による
「新水俣門」として高い評価を受けています。

それにしてもこれだけ立派な駅舎と駅前風景をもちながら、
徒歩圏内でこれといったものに出会えなかったのは残念でした。
この素晴らしい「アート」に出会えたのは無論ラッキーな事
ですが…、水俣らしさをもう少し感じたいなら、隣の水俣駅へ
行った方が良いかもしれません。

周辺を30分くらい歩いてみましたが、いまひとつ成果物?!
に行き当たりませんでした。

そんな若干の後悔を残しつつこの地を後にして、
当日の旅を終えて帰ったのでした。

Img_9042

Img_9041


« 熊本電鉄/御代志駅 (熊本県合志市) | トップページ | JR人吉駅 (熊本県人吉市) »

旅行・地域」カテゴリの記事

43熊本県」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: JR新水俣駅 (熊本県水俣市):

« 熊本電鉄/御代志駅 (熊本県合志市) | トップページ | JR人吉駅 (熊本県人吉市) »