2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

« 松浦鉄道/松浦駅 (長崎県松浦市) | トップページ | JR信濃大町駅 (長野県大町市) »

2012年8月26日 (日)

松浦鉄道/たびら平戸口駅 (長崎県平戸市)

長崎県平戸市の松浦鉄道・たびら平戸口(たびら・ひらどぐち)です。

平戸市は長崎県の北西部に位置し、人口は33,661人
(2012.7.1現在)で、本土では日本最西端の地であり、鎖国以前の
対外貿易の中心として栄えた町です。

-松浦鉄道/松浦駅
【路線】松浦鉄道西九州線 (有田-佐世保間)
【開業】1935年8月6日
【訪問】2012年8月
【1日あたり平均乗降車人員】 302人/日 (2005年)  
【近隣の主要駅】(有田方面) 松浦駅→6駅 
          (佐世保方面) 佐々駅→10駅

駅名標

前回記事の松浦駅を発って次に向かった地で、やはり
今月の訪問です。この時は、松浦と平戸に行く事だけが
目的だった訳です。

長い駅名で、ローマ字は更に長くなっています。

元々は平戸口駅を名乗っていましたが、国鉄から松浦鉄道
に転換される際に、当時の所属自治体である田平町(人口約
7,000)の名前がつけたされた格好となっており、合併前の
旧・平戸市には鉄道駅のない状態でした。陸続きにはなって
いますが、平戸は基本的に島なので…。

なので、この駅を降りると平戸の中心街が近くにあると思って
訪ねると少々エライ事になります。バスかタクシーを使うか、
距離を承知で根性で歩くか、を前もって考えておいた方が
良いかと思います。ちなみに私はこの時、行きは歩き倒して、
帰りはタクシーを使いました。バス便はそれ程多くない感じ
でした。


Img_1514

Img_2059

ホーム・1

駅舎でない側のホームを主にしたカットです。

これで2面3線、両ホームは真ん中の構内踏切でつながって
います。

向かいホームの屋根はそれほど広くないのですが、
利用者数も1日300人の乗降で、電車の車両もそれほど
長くないので、これだけあればというところでししょうか。

Img_2058

ホーム・2

反対にこちらは駅舎側です。

割に広いホームで、松浦駅のような寂しい雰囲気では
なくてホッとしました。松浦駅も駅舎内へ行けばそうでも
ないんですが、ホーム上ではものすごい虚無感がありました。
Img_1512


日本最西端

日本最西端、という事がアピールされています。

日本最西端は厳密には沖縄県の与那国島とされますが、
ここでは「本土では」という前置きがついた上での
最西端という事になります。

駅としても、2003年に沖縄でゆいレールが開業してからは
厳密には日本最西端の駅でなくなったんですが、これも
あくまで本土で全国の鉄道とレールでつながる形での最西端と
いう事になりますが。

駅名標の絵には平戸大橋が描かれており、これを渡ると
平戸島へ至ります。そこへ行くまでは旧・田平町域です。
という事を知らずにここに来てしまったんですが…

Img_2053

Img_2051


スタイリッシュなトイレ

駅ホーム上のトイレは、それとは思えないくらいような建物で、
なかでもカブトムシのアップには惹かれました。とっても力強くて
小さなものにもこれほどの生命力があるんだ、という事を
訴えかけられているようでした。

ちなみにこの写真は平戸市名誉市民で、紫綬褒章受賞者でも
ある生物写真家の栗林慧(くりばやし・さとし)氏によるものです。


Img_2056
Img_2057


石炭車・静態保存

セラ1形という国鉄時代に使用されていた石炭車が駅すぐ横に
静態保存されていました。かなり年季の入ったもののようで、
当時の姿のままを残すというコンセプトなのでしょうか。

Img_1520

▼駅前風景

駅出て右を向いた風景です。

左のコンクリ建屋と右の食堂との間に道があり、
これが駅前道路となるでしょうか。ただ、商店街が
広がるなどはなく、すぐに幹線道に出くわします。

商店街はその幹線道に出てしばらく歩くと出くわします。

Img_1532

日本最西端の駅 碑

駅出て左側に目を転じると、このような日本最西端の駅の碑
が立っています。イコール松浦鉄道が日本最西端の鉄道という
事になります。勿論今では「本土では」になりますが。

碑の周りはミニ庭園になっていて、池もあり魚も泳いでいます。
下の写真の真中よりやや右下、赤いものが見えると思いますが、
それです。

Img_1526

Img_1529

たびら平戸口駅 駅舎

平屋建てながらやや横に長い駅舎で、観光案内所も入って
おり、そこには鉄道に関する懐かしグッズの展示も少々
あります。

ロータリーはなく広場のスペースがあるだけの状態です。

平成の大合併によってようやく平戸市の駅となった訳で、
これから市の中心としての今後の展開があれば面白いな
と思います。

駅真ん前のバス停に平戸行の表示がありますが、
ダイヤには気をつけて行った方が良いと思います。

Img_1525

« 松浦鉄道/松浦駅 (長崎県松浦市) | トップページ | JR信濃大町駅 (長野県大町市) »

旅行・地域」カテゴリの記事

42長崎県」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 松浦鉄道/たびら平戸口駅 (長崎県平戸市):

« 松浦鉄道/松浦駅 (長崎県松浦市) | トップページ | JR信濃大町駅 (長野県大町市) »