2024年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29    
無料ブログはココログ

« JR鶴岡駅 (山形県鶴岡市) | トップページ | JR羽後本荘駅 (秋田県由利本荘市) »

2012年9月 8日 (土)

JR仁賀保駅 (秋田県にかほ市)

秋田県にかほ市のJR仁賀保(にかほ)です。

にかほ市は秋田県の南西端に位置し、人口は26,930人
(2012.7.1現在)で、2005年に由利郡仁賀保町、金浦町、
象潟町の3町が合併してできた新しい市です。

TDKの企業城下町として知られ、また江戸時代の一大観光地
であった「象潟(きさかた)」を市域に有します。

-JR仁賀保駅
【路線】JR羽越本線(新津-秋田間)
【開業】1922年6月30
【訪問】2012年8
【1日あたり平均乗車人員】 361人/日 (2011年)
【近隣の主要駅】 (新津方面)象潟駅→2駅
           (秋田方面)羽後本荘駅→2駅 

駅名標

今年盆の未訪の市めぐりの3日目、宿泊地の山形県・酒田を
出て、秋田県へ突入、この日最初に訪ねた市で、秋田県は
実に6年ぶりの訪問でした。沖縄以外では最も長く訪ねて
なかったのがこの秋田県であり、今回の旅でどうしても行って
おきたかったところでした。

市の中心駅は象潟駅になりますが、ここは旧・仁賀保町の
中心駅としての「仁賀保」駅であり、合併によって所属する
自治体の中心駅でなくなったものの、市名と一致する(表記
は異なりますが…)駅名、という形となりました。

元々は羽後平沢駅と名乗っていましたが、1968年に当時の
町名に合わせてか現駅名に改称されています。

どうもこの駅名標の字を見ると、個人的には「英賀保(あがほ)」
を思い出してしまいます。

ちなみに今年で開業90周年を迎えました。

Img_3392


ホーム

ホームは2面3線で、向こうにある跨線橋でつながっていますが、
そこまでびっしり屋根つきエリアが広く続いており、市の中心駅
ではないものの、旧・町の中心駅として、また特急停車駅として
の雰囲気を持っている事を感じさせます。

ただ、かなり閑散とした雰囲気でもあります。

Img_3477

ホーム待合室

長く続くホーム屋根の切れ目にポツンと小屋状の建屋が
あります。それ以外何もない、ような印象ですが…
Img_3476


ホーム壁面

ホーム内面だけを見るとただだたっ広いだけの印象を持つ
かもしれませんが、駅舎側のホームはレンガ風でかなり
オシャレな感じです。

Img_3478

駅前風景

実はここに来た時、あまり何もなかったらとっととタクシーで
でも由利本荘へ移動しようと考えていましたが、まさかの
タクシー停車なし! 呼ぶのも面倒だし、幾らかかるか分からない
し、まぁ次の電車が来るまで何かしら見るか、という感じで
半ば諦めに似た気持ちで?!とどまる事を決意しました。

駅前広場の中央の島部分にはバスのりばも設置されています
が、行き来したのはほとんど見かけませんでした。

この向こうがすぐ漁港になっているので、降り立ったら
まず行ってみてもよいかと思います。

Img_3387

仁賀保駅 駅舎

正直あまり何もないという印象ですが、にかほ市で象潟を外して
敢えてここに来ることを選んだのは、Wikiで駅舎を「予習」
していたからで、これをこの目で見たいと思ったからです。

2001年にこの駅舎になったようですが、このすばらしい
洋風駅舎。前に何もなくともこれ見るだけでとりあえず
良かったと思ってます。何もないわけじゃないですけどね決して。

Img_3396
Img_3461






« JR鶴岡駅 (山形県鶴岡市) | トップページ | JR羽後本荘駅 (秋田県由利本荘市) »

旅行・地域」カテゴリの記事

05秋田県」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: JR仁賀保駅 (秋田県にかほ市):

« JR鶴岡駅 (山形県鶴岡市) | トップページ | JR羽後本荘駅 (秋田県由利本荘市) »