2024年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

« 福岡/大川① 家具と昇開橋の町 | トップページ | JR志布志駅 (鹿児島県志布志市) »

2012年10月 4日 (木)

熊本/上天草① 徒歩旅エリア

熊本県上天草市、熊本県の西部、天草諸島に位置し、人口は28,864人(2012.7.1現在)で、2004年に天草郡大矢野町ほか計4町が合併してできた新しい市です。「島原の乱」の指導者の天草四郎時貞の出生地(の一説)とされています。

(訪問・2012年5月)

上天草入口

実質、島の部分にあるこの町は鉄道が通っておらず、最寄駅は宇城市のJR三角駅になります。


そこから延々と歩いてきて、天草五橋とよばれるうちのひとつ・天門橋(一号橋)という長い橋を強風に吹かれながら渡り切れば、その先は宇城市とこの上天草市との境界に至ります。

というわけで、上天草市に入るその地点にて!

Img_8003

天草観光センター

上天草の入口から右を向くと、このような「天草観光センター」が。

屋根縁の濃い緑とギザギザが印象的なちょっと古風な建屋です。

Img_8005

天門橋展望所

天門橋を渡って上天草市に入って程なく出くわす展望所です。

渡ってきた橋をここから見る事が出来るという訳で、なかなか素晴らしい景色です。

ちなみにこの橋の長さは502m、結構なものです。天草五橋と呼ばれる橋の中では四号橋に次いで2番目に長い橋です。

また二号~五号橋はほぼ連続しているのに対して、この一号橋だけが独立している状態です。

Img_8008
Img_8012

ようこそ上天草温泉郷へ

これも付近にある歓迎看板です。

左側の天草四郎メモリアルホールは行ってきました。いかにもご当地に来た感に溢れていると思うので、おススメです。

Img_8014

涅槃で待っている?!

一連の展望所周辺から天草市方面へ歩みを進めしばらくすると、こんな大きな寝そべりネコに出くわします。

「世界最大の涅槃招き猫」とあります。

傍には、招き猫美術館と地蔵美術館という不思議な取り合わせですが、存在します。

招き猫-の方は、江戸時代から現代まで実に約15,000体もあるそうで、まさに招き猫づくしでしょうか。

大きさは高さ2m、大きさ5.5mだそうで、いやぁインパクト大です。隠れた名物というには大きくて…。

Img_8025


入り組んだ港

上の写真のどらねこちゃんのとこを更に進み程なくすると、陸地に入り組むような形の港に出くわします。このようなプチ桟橋?!も架かっていて船が横付けされていました。

Img_8031


岩谷入口 バス停

宇城市の三角駅からずーっと歩き続けてなかなかバスが来ず、いつまで歩き続けないと…?と思っていて、ここに行き着きました。そろそろ限界に近かったので、休んでみて時刻表を見るとすぐに来るようだったので5分ほど待ちました。

それ程長く待たずにバスに乗れて何よりで、上天草の中心ともいうべき賑わいあるエリアへ向かいます。それまで何もない所も実は結構歩いてきてたので。

上天草市、徒歩探訪篇は以上です。

Img_8036



« 福岡/大川① 家具と昇開橋の町 | トップページ | JR志布志駅 (鹿児島県志布志市) »

旅行・地域」カテゴリの記事

43熊本県」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 熊本/上天草① 徒歩旅エリア:

« 福岡/大川① 家具と昇開橋の町 | トップページ | JR志布志駅 (鹿児島県志布志市) »