2024年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

« JR足利駅 (栃木県足利市) | トップページ | JR網走駅 (北海道網走市) »

2012年11月11日 (日)

JR新秋津駅 (東京都東村山市)

東京都東村山市のJR新秋津(しん・あきつ)です。

東村山市は東京都の北中部に位置し、人口は153,335人(2012.7.1現在)で、郷土出身のコメディアン、ザ・ドリフターズの志村けん氏によって歌われた「東村山音頭」によってその名が急速に全国に知れ渡る事となりました。また、これにより志村氏自身もブレイクする事となりました。

-JR新秋津駅
【路線】JR武蔵野線(鶴見-西船橋間)
【開業】1973年4月1
【訪問】2011年2
【1日あたり平均乗車人員】 36,616人/日 (2010年)
【近隣の都市駅(鶴見方面)新小平駅→隣駅
          (西船橋方面)新座駅→2駅


駅名標

訪ねたのは2011年2月、当時訪問の手薄だった埼玉県の未訪市を一気に訪ねる旅で、いくつかの訪問後埼玉西部へ向かう為、途中乗換で降り立った地で、西武・秋津駅へ徒歩移動する為に来たものです。

東村山市自体は2001年8月に西武の東村山駅に訪問済で、その東村山が市内では中心駅です。そんな訳で市の訪問自体はあったので、次の所沢へ向かうべく乗換したので、ここはアッサリ立ち去りました。

ちなみにJRでも隣駅が東所沢となっており、武蔵野線はここで東京・埼玉の境目となります。

開業は1973年と意外に遅く、東村山市内では唯一のJR駅です。

Himg0573

ホーム

2面2線のみのホームですが、1日に30,000人以上の乗車がある為か幅はかなり広いものとなっています。

壁や柱の下の部分が黄色くペイントされているのが特徴で、両ホームの間の天井は骨組みだけで繋がっているような感じです。

Himg0574

駅前広場

ロータリーの真中周辺にタクシーが何台か停まっていました。

真ん中の時計塔の時計は当時動いておらず時計盤面に「故障中」の表示が貼られていました。

周辺は小規模な店舗が続いていて、庶民的な風景といった雰囲気です。

Himg0579

新秋津駅 駅舎

平たい屋根に緑で縁が塗られた平屋駅舎です。

ここから西武への乗換は徒歩で5分ほどの所に「秋津駅」があるのですが、最初どうやって行くのかなかなか分かりませんでした。でも駅から出ていく人の流れについていけば、自然と到着しているので、その辺の心配はありません。

Himg0576

« JR足利駅 (栃木県足利市) | トップページ | JR網走駅 (北海道網走市) »

旅行・地域」カテゴリの記事

13東京都」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: JR新秋津駅 (東京都東村山市):

« JR足利駅 (栃木県足利市) | トップページ | JR網走駅 (北海道網走市) »