2024年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29    
無料ブログはココログ

« 西武/狭山市駅 (埼玉県狭山市) | トップページ | JR南流山駅 (千葉県流山市) »

2012年11月28日 (水)

名鉄/西尾駅 (愛知県西尾市)

愛知県西尾市の名鉄/西尾(にしお)です。

西尾市は愛知県の南部、2つの半島の付け根部分に位置し、人口は165,993人(2012.9.1現在)で、抹茶の産地として有名で、前回の狭山市に続くお茶の町です。

2011年3月までは人口10万ほどの都市でしたが、旧・幡豆郡の3町を編入合併し、昨年4月より新生・西尾市として約1.5倍の人口規模に膨れ上がりました。

-名鉄/西尾駅
【路線】名鉄西尾線(新安城-吉良吉田間)
【開業】1911年10月30
【訪問】2011年2
【1日あたり平均乗車人員】 4,830人/日 (2008年)
【近隣の都市駅(新安城方面)新安城駅→10駅
          (吉良吉田方面)吉良吉田駅→3駅

駅名標

ちょうど開業100年にあたる2011年2月に訪問しました。

といって、何かあったって訳ではなかったですが…

ちなみにこの時、周辺3町を取り込んで現在の市域になる1ヶ月少し前で、旧市域の最末期にあたります。

Himg0421

ホームと電車

ホームはわずか1面2線です。

利用者もそんな多くなくて、1日あたり5,000人に満たない乗車人員ですが、ホーム幅はかなり狭い感じでした。

高架駅であり、この階段をおりて改札に至りますが、階段のある部分のホーム両サイドはかなり狭いものとなっています。

そしてサイドには名鉄の赤電車が停まっているところです。

Himg0417

エレベータ周辺

両路線の次発列車の電光掲示が出ていました。

次々発までなく、次の1本だけの表示です。

エレベータの外側は緑色ですが、抹茶色ともいうべき緑です。西尾の町の特徴を表したものなのでしょうか?

Himg0419

去りゆく電車

吉良吉田行の列車がホームを離れていくところです。

車体が真っ赤ってやっぱりインパクトありますね。

Himg0418

駅出てみたら

まず見えたものです。

西尾の抹茶、が前面に出ていました。

至る所で抹茶アピールが見られます。

個人的に抹茶大好きにつき、そそられる?!町です。

このショッピングセンターはピアゴ西尾駅東店として1975年に開業していましたが、この訪問の半年後、2011年8月に閉店しました。耐震問題と老朽化の為、とされていますが、代わって2013年にユニーが事業主となって「ヴェルサウォーク西尾」の開発が進められているとか。

そういえばこの訪問時、ドデカい割に妙に寂れた雰囲気だなと思っていたのですが…

Himg0422

西尾駅 駅舎(東口)

先ほどのピアゴの真向かいにある東口の駅舎です。

割に地味な色で構成されているせいか、建屋はそこそこあるものの存在感に希薄さを感じたのは気のせいでしょうか?

Himg0425

西尾駅 駅舎(西口)

どちらもそれなりにロータリーの整備された駅前ですが、駅舎の存在感はこちらの方が圧倒的な気がします。

枠にあたる部分が茶系の色で張り巡らされ、基調となる白とのアクセントが鮮明で、色調がハッキリしているからでしょうか。駅前の賑やかさもこちらの方がありそうでした。といってもどちらも圧倒的に賑やかという感じではありませんでしたが…

Himg0433
Himg0435




« 西武/狭山市駅 (埼玉県狭山市) | トップページ | JR南流山駅 (千葉県流山市) »

旅行・地域」カテゴリの記事

23愛知県」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 名鉄/西尾駅 (愛知県西尾市):

« 西武/狭山市駅 (埼玉県狭山市) | トップページ | JR南流山駅 (千葉県流山市) »