2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ

« 台鉄/基隆駅 (台湾/基隆市) | トップページ | 兵庫/相生 相生駅から相生大橋へ »

2013年7月28日 (日)

佐賀/鹿島 肥前鹿島駅から市役所まで

佐賀県鹿島市、JR肥前鹿島駅からの歩き旅です。

(2011年11月当時)

マンホール

まずは鹿島市のマンホールから。

市の花であるサクラが散りばめられ、真ん中は鹿島城跡でしょうか。

Img_3257

さあ行こう

駅から歩き出したところで、標識に出くわしました。

道の駅あり鹿島城跡あり公園に肥前浜宿とありました。肥前浜宿行きたかったんですが時間かかる等々あり断念、鹿島城跡を目指す事としました。

Img_3263

2011年のクリスマスは…

上の写真で看板がチラッと見えていたセブンイレブンを通りかかった時のカットですが、2011年のクリスマスはAKBだったんですね、こういうのも記録として残しておくと、旅の思い出とリンクしたりするんですよね。

Img_3265

祐徳温泉 看板

全国的に有名な祐徳稲荷神社の1km手前に「宝乃湯」という温泉があるようで、その看板が出ていました。食事だけでもOKと。

祐徳稲荷へのアクセスとしては肥前鹿島の駅からだとバスで20分程度かかるという事で、結構距離あります。この時佐賀県の未訪市を色々回っていた自分の観光のプランからは自動的に外れる事となり、鹿島城跡目指して歩みを続けました。

Img_3267

中牟田バス停

駅前の交差点を左折し300~400㍍ほど南下したところにある中牟田バス停。

歩き旅を基本としており、色んな所に目が止まり、観光するものだけじゃなく工程も全部記憶・記録に残したい方なので、こういう写真が沢山残ってしまいます。これがバスや自転車となると景色が流れてしまって、記録からも記憶からも消え去ってしまうのです。

Img_3269

白壁

の建屋がありました。

腰の部分が板張りで惹かれました。

鹿島は「発酵まつり」というものがあるほど、発酵食品の製造が盛んで酒蔵も点在していたりで、これらを巡る旅をしても楽しめるかな、と思います。

Img_3272

祐徳バスのりば

鹿島駅から中牟田へと進み、更に進んだ鹿島中川のバス停にあたると思われますが、結構なのりばになっているなと思ったら、祐徳バスの鹿島営業所でもあるようです。

ここがバスセンターかとも思いましたが、センターの方は駅向かいにあります。

Img_3276
Img_3277

中川橋

駅前から線路に沿うようにして南へ下り続けた先に架かっている橋です。

朱塗りで金の宝珠のついた厳かな雰囲気の橋です。祐徳稲荷で有名な街でもあり、そのアピールもあるのかもしれません。

Img_3279
Img_3282

森田判助邸跡地

通りがかりに出くわした石碑です。

森田判助邸の跡地という事ですが、森田判助(もりた・はんすけ:1879-1959)は実業家で、製薬会社を設立し社長になった後、鹿島町長を務め、また祐徳薬品工業の初代社長を務めた人物でもあります。

Img_3286

鹿島市民会館

かしま市民立楽修大学が受託して運営しているそうで、市民会館そのもののHPはなく、建屋もかなり渋めです。特に建屋をつなぐような出入口の部分はかなり渋いです。

Img_3293
Img_3295

鹿島市役所

鹿島市民会館と直角をなす形で隣接している鹿島市役所です。

最初、上の市民会館が市役所かと思い、随分渋いな…と思って見ていましたが、こっちが市役所でした(笑

ちなみにこちらは「鹿」市で、茨城県の鹿嶋神社のある方は「鹿」市です。

鹿島市では鹿島城跡を見たりしてますが、それはまた後の機会にて!

Img_3296

« 台鉄/基隆駅 (台湾/基隆市) | トップページ | 兵庫/相生 相生駅から相生大橋へ »

旅行・地域」カテゴリの記事

41佐賀県」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 佐賀/鹿島 肥前鹿島駅から市役所まで:

« 台鉄/基隆駅 (台湾/基隆市) | トップページ | 兵庫/相生 相生駅から相生大橋へ »