2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ

« 石川/かほく 西田哲学の町 | トップページ | 福井/大野 山王宮日吉神社とお堀 »

2013年9月20日 (金)

台湾/竹南 五穀宮あたり

台湾苗栗縣竹南鎮の台鉄/竹南駅から歩いて程ない、「五穀宮」の付近です。

五穀先帝の横顔

五穀宮のうちにある農業の神様、五穀先帝の横からのカットです。

竹南の駅に着くまでに電車越しにこの景色が見えて、これは行かねば!と思ってやって来たのでした。

Dsc01851
Dsc01852

五穀宮 門

五穀宮の実に立派な門です。

こういうの見ると外国に来たな感が一層増します。

Dsc01873

門の下をウロウロしていた犬です。

日本では野良犬って最近殆ど見なくなりましたが、台湾ではよく見かけました。まかり間違うと、追いかけられたり噛まれたりの危険もあり得るので要注意です。

Dsc01869

門と神

門と五穀先帝の位置関係はこんな感じです。

台湾の寺院にこのような門は多く見られましたが、奥のような神体はあまり見ませんでした。あっても奥の内部に居たりとかで、こんな風にあからさまにデンと座ってる感じのはここで初めて見ました.。

Dsc01853

神の御姿、しかと見よ

という訳で先帝のクローズUPです。

稲穂のようなものを持っていました。仮面ライダーアマゾンに出ていた「十面鬼ゴルゴス」を強烈に思い出させてくれる像ですが…

それにしても、台湾の寺院は天井の上が賑やかしくて、撮っててとっても高まります。

Dsc01862
Dsc01863
Dsc01866

壮観

日本の神社でいう灯籠にあたるものでしょうか?調べてもよく分からないので勝手に書いてますが、この建造物の存在も見過ごせません。賑やかかつ鮮やかです。

Dsc01864

ツインショット

先帝と灯籠様のもの?とのツインショット、両者の位置関係はこのようになっています。

昼間でしたが、結構ひっそりとしていました。台湾の寺院も有名どころは人で溢れかえるんですが、そうでない所はひっそりとしていてもおかしくないような状態でした。こんなに壮観な景色が目に飛び込んでくるのに…と不思議に思いましたが…

でもまぁそういう事無関係に、純粋に楽しめるものを楽しみ、高まる風景を撮りましたとさ、というところで。

以上、五穀宮でした!

Dsc01857

« 石川/かほく 西田哲学の町 | トップページ | 福井/大野 山王宮日吉神社とお堀 »

旅行・地域」カテゴリの記事

48台湾」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 台湾/竹南 五穀宮あたり:

« 石川/かほく 西田哲学の町 | トップページ | 福井/大野 山王宮日吉神社とお堀 »