2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ

« 鹿児島/曽於 たからべ・まちあるき | トップページ | 釜山-金海軽電鉄/首露王陵駅 (韓国/金海市) »

2014年3月 8日 (土)

JR串間駅 (宮崎県串間市)

宮崎県串間市のJR串間(くしま)です。

串間市は宮崎県の最南端に位置し、人口は19,431人(2014.2.1現在)で、近年人口が2万人を割り込むようになりました。

-JR串間駅
【路線】JR日南線(南宮崎-志布志間)
【開業】1935年4月15
【訪問】2014年1
【1日あたり平均乗車人員】 59人/日 (2012年)
【近隣の主要駅(南宮崎方面)油津駅→7駅
          (志布志方面)志布志駅→4駅

Dsc01603●駅名標

2014年に入ってから、わずか20余の未訪市のうち少しだけ訪ねましたが、沖縄本島や奄美大島などで、鉄道駅のある地はこの串間が初めてでした。行くのは良いものの、周辺に未訪市がなく、ここだけの為に行って帰ってくる、という形にしか考えられなかった為、長い間訪問をためらっていましたが、今年初めようやく決意が固まり、飛んできました。

Dsc01526 って当初飛行機で来ることを計画してましたが、仕事が済んですぐ博多まで新幹線移動して宿泊。翌朝早くに新幹線で新八代(熊本県)まで出て、そこから高速バスに。

博多駅でバスのチケット買ってたのでスムーズに行けましたが、待ち時間が数分という結構な綱渡り移動でした。

新八代→宮崎が、そのバスで、ここからまた電車で隣の南宮崎駅からは日南線に入り、2時間余り。結局博多からでも6時間以上かかってようやくこの串間に着きました。どこからも遠くて、アクセスには本当に苦労しました…

Dsc01600●ホーム

市の中心ではありますが、1面1線のホームです。

広めのホームに屋根は真ん中を柱として両サイドにひろがる形のものとなっています。

1日の平均乗車人員は2011年で59人という少なさで、

Dsc01602とても市の中心駅とは思えない数ですが、路線自体が非常に閑散というか、乗ってる人は確かに少なかったですね。

2線ありますが、1線は保全用の側線といったところで旅客での使用はありません。

Dsc01528●猫の待つ通路

向こうがホームになりますが、改札は台が残っています。

無人駅というか簡易委託駅で、市の観光協会が受託して駅業務を行っているという事で、切符は右に木の台が見えると思いますが、ここを窓口として購入が可能です。

で、その通路には、このネコが居座っていました。鹿児島県の財部駅(曽於市=前回記事の地)でもクロネコが居ついていて、この辺は猫の平和地帯なのかな、とすら感じました。

Dsc01527●駅猫

顔が見えないカットになってしまっていますが、このネコ、ホントに逃げませんでした。

一緒に遊んでたかったけど、市内見る時間も限られているので、適当に切り上げる事に…

Dsc01530●駅舎内

改札を出ると、左へ直角に曲がるようになっており、その角の所にベンチが数脚置かれています。

時刻表などは壁の上にナナメ吊りのような形で設置されています。

Dsc01529●時刻表と

周辺路線図です。

日南線で、果ての果てである志布志駅はあと4駅です。

上下とも1日10本程度しかなく、また宮崎方面は途中までの便もありで、交通アクセスは正直良いとは言い難いものがありました。

Dsc01537●串間駅前交差点

串間駅を出て、左へ少し行ったところにある駅前の交差点です。串間駅前は駅からまっすぐ通りが伸びているのではなく、線路と平行な道を少し通ってから、この交差点で右折した通り(写真の右に隠れている部分)が駅前通りに相当するといった感じです。

Dsc01534●串間駅 駅舎

串間は宮崎県で最後に訪ねた市になりますが、未訪だったから以外にも来たかった理由があって、この駅舎を見たかったのでした。人口2万いるかどうかの市の中心駅ですがなかなかユニークな色模様だと思って。

Dsc01591●農林水産物直売店

駅舎といえど、駅スペースはこの建屋のうちのほんの一部で、大半は地元の農産物の直売や土産もの売り場として使われています。

Dsc01595●くしま駅の駅

と名付けられているのが、この農産物直売店です。

町の駅とというのは聞いた事ありますが、駅の駅は初めて見ました。ミカンは地場の特産として代表的なもののひとつです。

観光客向けの土産物屋よりも、地元の人々の食の支えとして貢献している要素の方が大きいようです。

Dsc01596●駅スペース

インパクトのある色の駅建屋の中、駅として機能しているのは建屋の端っこの、このスペースのみです。

それでもこの屋根縁の辛子色というかオレンジっほい色は目を惹きます。個人的にはこれだけでここへ来た意味は十分あったと思いました。来るのに大変時間のかかる街ですが。

まぁそんなこんなで、ここに足を降ろしたその瞬間に、宮崎県全市の訪問が完了し、感慨ものでした。

 

 

« 鹿児島/曽於 たからべ・まちあるき | トップページ | 釜山-金海軽電鉄/首露王陵駅 (韓国/金海市) »

旅行・地域」カテゴリの記事

45宮崎県」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: JR串間駅 (宮崎県串間市):

« 鹿児島/曽於 たからべ・まちあるき | トップページ | 釜山-金海軽電鉄/首露王陵駅 (韓国/金海市) »