2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ

« 台鉄/新烏日駅 (台湾/台中市) | トップページ | 鹿児島/奄美 たどり着いた奄美空港 »

2014年4月 3日 (木)

JR宮古駅 (岩手県宮古市)

岩手県宮古市のJR宮古(みやこ)です。

宮古市は岩手県の中東部に位置し、人口は56,300人(2014.2.1現在)で、三陸海岸に面し、浄土ヶ浜をもつなど、観光資源に恵まれた街です。

-JR・三陸鉄道/宮古駅
【路線】JR山田線(盛岡-釜石間)
          
※宮古-釜石間運休中
    三陸鉄道・北リアス線(宮古-久慈
間)
          
※田野畑-小本間運休中(2014.4.6再開予定)
【開業】JR-1934年12月6
    三陸-1984年4月1日

【訪問】2013年8
【1日あたり平均乗車人員】 JR-314人/日 (2012年)
                 三陸-323人/日 (2010年)
【近隣の主要駅(盛岡方面)盛岡駅→17駅
          (久慈方面)小本駅→6駅

Dsc05496●駅名標周辺

「みやこ」と書かれた駅名標がぶら下がっている駅名標の周辺部分です。

久慈と共に行きたいと思いながら機会を逃し、やがて東日本大震災が起こり、という事でなかなか行けなかった当地でしたが、なんとか昨夏に久慈ともども行く事ができました。

久慈から三陸鉄道に乗って田野畑駅を降り、代替バスで小本まで(田野畑-小本間が寸断の為)行って、そこからまた三陸鉄道でやってきて、出発時は盛岡方面へJRを利用しました。こちらはJRの様子です。

Dsc05497●ホーム

元々は国鉄単独路線であったのが、宮古線が第三セクターに転換され、ちょうど30年前の一昨日、4月1日に三陸鉄道北リアス線としての開業日を迎えました。

ライトブルーの跨線橋が印象的で、筋交いがなされ、橋脚も多数あります。そんな橋の下に停まっている電車は草色でコントラストの効いた景色になっています。

Dsc05434 ● ホーム俯瞰

跨線橋を挟んでのホームがあり、また手前には切欠き状の部分に三陸鉄道の電車が停まっていました。途中で寸断されている為、小本行となっています。車体サイドの赤いラインが上へ行ったり下へ行ったり印象的なデザインとなっています。

向こう、跨線橋の下に停まっている電車が草色なのでこれまた実にコントラストの効いた画となってるな、と感じました。

Dsc05492●跨線橋内

周辺に都会らしい駅がなく、付近では中心的存在で、よってポスターもこんな風に両サイドにビッシリ貼られています。

左側の天井付近の横断幕は、大人の休日に関するPRのものです。

また、左側手前から2枚目のポスターは大河ドラマ「八重の桜」。今となっては懐かしいですね、こういう記録って後々振り返るといつ頃か特定しやすいので、意識して残すようにしてます。

Dsc05495●ふるさと宮古号

って事で、臨時列車だそうです。

このあたり走るにはちょっと変わったというか、都会的というか不思議な雰囲気の列車だったんですが、調べるまで分かりませんでした。

車体サイドにわんこそばの絵が描いてあったので、それで分かりました。これに乗ってここを発ったんですが(笑

Dsc05488●ようこそ、みやこへ!

と旗の形にて歓迎されていますが、海面と太陽と水鳥とで、海洋都市というか、そんな側面の強い宮古を如実に表しているかな、と今は感じます。

とはいうものの、海の方へ行けぬまま発つ事となったのは何とも残念でした。

Dsc05487●ようおでんした

改札口の部分の歓迎看板です。

よくおいでなさった、的な意味合いでしょうか。

ここは陸中海岸なのですね。

久慈は「あまちゃん」で観光ムード強かったのですが、こちらは「あまちゃん」頼りでなくとも、そこそこ観光ムードのあるような雰囲気でした。

Dsc05477●近距離路線図

3つ下に見える茂市(もいち)駅から左へ分岐しているのが「岩泉線」で、2010年に土砂崩れによる脱線事故により全線不通になっており、この時はその3年後に当たりますが、依然不通のままで、鉄道路線を転換しバス路線にしたいとの意向が出され、かつ廃止届が出される前の時期でした。

そして、、二度と鉄道として復活する事なく、つい一昨日、2014年4月1日をもって廃線となりました。

Dsc05424●三陸鉄道/宮古駅

の駅舎です。

カクカクッとした建屋に庇の縁が赤いのが印象的な駅舎です。

床面は整備されていますが、だたっ広いスペースになっている、そんな感じの駅前でした。

Dsc05444●JR宮古駅

三陸鉄道とは横並びながら数10mばかり離れた位置にあるJRの駅舎です。

こちらの方が形的にバラエティに富んでいて工夫がなされている、そんな感じでした。

駅周辺も色々あるのですが、いちいち載せてるといつまでもブログ更新が進まないため、この記事はここで一旦切ります。

 

 

« 台鉄/新烏日駅 (台湾/台中市) | トップページ | 鹿児島/奄美 たどり着いた奄美空港 »

旅行・地域」カテゴリの記事

03岩手県」カテゴリの記事

コメント

宮古駅。
僕が国鉄~JR全線乗車目指してた時降りたことありますけどあんまり変わったという印象は受けません。
ちょっぴり外板が新しくなったなという印象です。

震災後に訪ねた訳ですが、昔とそう変わっていないというのはある意味良かったなと感じました。
陸前高田などは09年に通り掛かったのに今やなくなってしまい、駅としては訪ねられなくなりましたので…

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: JR宮古駅 (岩手県宮古市):

« 台鉄/新烏日駅 (台湾/台中市) | トップページ | 鹿児島/奄美 たどり着いた奄美空港 »