2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ

« 沖縄/宜野湾 普天満宮と太やきそば | トップページ | 静岡/熱海 夜の駅前商店街 »

2014年4月11日 (金)

JR山形駅 (山形県山形市)

山形県山形市のJR山形(やまがた)です。

山形市は、山形県の中東部に位置し、人口は254,022人(2014.2.1現在)で、山形県の県庁所在地であり、県内一の人口を誇る街でもあります。霞城の別名をもつ山形城があり、

-JR山形駅
【路線】JR奥羽本線(福島-青森間)
      山形新幹線(福島-新庄間)

【開業】1901年4月11
【訪問】初訪問-2006年8
【1日あたり平均乗車人員】 10,860人/日 (2011年)
【近隣の主要駅(福島方面)かみのやま温泉駅→3駅 ※新幹線では隣駅
          (青森方面)天童駅→6駅 ※新幹線では隣駅

Dscf0281●駅名標周辺

こちらは在来線ホームです。

在来ホームは実に2面5線もあり、ターミナル駅として機能しています。

ここに初め来たのは2006年8月、もう8年も近く前の事となってしまいました。ついこないだのようにも思えますが…。

ちなみに開業日は1901年のちょうど今日、本日めでたく113歳の誕生日を迎えたわけです。

Dscf0280●ホーム

ここは3番線と4番線のホームです。

これは、在来の奥羽本線のホームであり、1・2番線は山形新幹線、5番線は臨時ホームとなっていて通常使用はなく、6番線は左沢線、7番線は仙山線となっています。在来線は色々乗入れている訳ですが、この駅が属しているのは奥羽本線のみです。

向こうは「めん&カレー」とあり、軽食スペースとなっています。

Dscf0279●自由通路

改札を出たところは広い自由通路が伸びています。

山形といえばさくらんぼのイメージが個人的に強いのですが(さくらんぼ東根駅、なんてあるくらいに)、ぶどうも名産なんですね。スイカもだったか、と…果物類には事欠かない街なのですね。

通路の真ん中には何やら写真がパネル式に展示されていました。

Dscf0238●大きな幕

の形で、山形大花火大会の宣伝がなされていました。

8月14日、実はここへ寄ったその当日なのでした!これはまずいと思い、滞在もそこそこにそそくさと街を出ました。なぜなら…花火大会当日ならば、、まず間違いなく込むからです。この時宿もろくに取っていなかったので尚更です。

しかもここの花火は実に約2万発も上がる訳で、尋常じゃない混みが予想される…、その事ばっかり考えてました。

Dscf0237●駅前

バスが出入りするスペースが道路脇に広く取られている、そんな雰囲気の駅前風景でした。 駅側にはバス待ちのひさしが繋がって獲られていました。

S-PALという商業施設が入った駅ビルになっています。

 

Dscf0236●山形駅 駅舎

1992年に山形新幹線が開通し、新幹線の駅ともなりました。

突き出た出入口はスケルトンな感じになっていて、不思議な感じですが、規模は上の写真でもわかるように大きな駅舎です。

周囲には、高いビルが散発的にポツポツと建っていて、大都会になり切れていない感が自分の中ではありました。

« 沖縄/宜野湾 普天満宮と太やきそば | トップページ | 静岡/熱海 夜の駅前商店街 »

旅行・地域」カテゴリの記事

06山形県」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: JR山形駅 (山形県山形市):

« 沖縄/宜野湾 普天満宮と太やきそば | トップページ | 静岡/熱海 夜の駅前商店街 »