2021年3月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« タイ/バンコク① ウェスティンホテルのおもてなし | トップページ | タイ/バンコク② ターミナル21の夜 »

2014年8月28日 (木)

JR水戸駅 (茨城県水戸市)

茨城県水戸市のJR水戸(みと)です。

水戸市は茨城県の中部に位置し、人口は270,840人(2014.7.1現在)で、茨城県の県庁所在地にして、「水戸黄門」の水戸(徳川)光圀の存在があまりにも有名な町です。

-JR・鹿島臨海鉄道/水戸駅
【路線】JR常磐線(上野-いわき間)
      水郡線(水戸-郡山間)
    鹿島臨海鉄道 鹿島大洗線(水戸-鹿島サッカースタジアム間)

【開業】1889年1月16
【訪問】2007年8
【1日あたり平均乗車人員】 JR-29,040人/日 (2013年)
                鹿島臨海鉄道-1,926人/日 (2012年)
【近隣の主要駅(上野方面)石岡駅→5駅
           (いわき方面)勝田駅→隣駅
           (郡山方面)上菅谷駅→6駅
           (鹿島サッカースタジアム方面)大洗駅→3駅

●黄門さま御一行

水戸駅前のシンボル的存在ともいえる、黄門様と助さん格さんの像です。

このように三人で諸国漫遊したというのは史実にはないようですが、助さん格さんのモデルは存在するといわれ、格さんのモデルとされる安積澹泊(=あさか・たんぱく)という人物は当時としては長寿の83歳まで生きたそうです。

Himg0761

Himg0731

●凹み

2F出口が広いスペースとなった水戸駅前で、向かい側と互いの方向から下りている階段が交差して「凹」のような形になっていました。踊り場が盆地状態!?

Himg0728

●らせん階段

が中に入った高い建物、がありました。

これもまたシンボル的存在といえるかと思います。

Himg0729

●駅通路の下

はバスが多く停まってるエリアもありました。

Himg0762

●道の字

駅前の道路、駅を出て右折してすぐの地点かと思いますが、広い車線の道路でした。

で、そこに「水戸」とか「城東」とか「大洗」の文字が見えました。曲線がなく直線だけで表現されていましたが、水戸が木戸のように見えます(笑

Himg0760

●駅前通り

こちらは駅から伸びた通りになります。

高層ビルがそこそこ立ち並んだ、さすがは関東の都会という印象を受けました。

Himg0730

●水戸駅 駅舎

こちらは北口です。

群馬県の高崎駅の雰囲気に似てるな、と個人的には思いました。

ちなみに本州の県庁所在地では最後に訪ねたという記念すべき町でもあります。

Himg0727

Himg0726

●水戸駅 南口

2011年にできた「エクセルみなみ」という駅ビルになっています。

この上の写真までは、当地初訪問時の2007年夏のものですが、この写真に限り2013年10月当時のものです。

ちなみに北口の駅ビルは書いてある通り「EXCEL」です。

ガラス張りにダイヤ型の網目が入っているというなかなかインパクトのある駅舎で、前の通路と一緒に撮るとこんな感じで、なかなかダイナミックに見えました。

Dsc07790

« タイ/バンコク① ウェスティンホテルのおもてなし | トップページ | タイ/バンコク② ターミナル21の夜 »

旅行・地域」カテゴリの記事

08茨城県」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: JR水戸駅 (茨城県水戸市):

« タイ/バンコク① ウェスティンホテルのおもてなし | トップページ | タイ/バンコク② ターミナル21の夜 »