2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ

« JR下関駅 (山口県下関市) | トップページ | 岡山/井原 鏡獅子の奮迅 »

2014年9月 3日 (水)

MRT/クイーン・シリキット・ナショナル・コンベンション・センター駅 (タイ/バンコク)

タイ/バンコクのMRTクイーン・シリキット・ナショナル・コンベンション・センター(QSNCC)駅です。

-MRT/クイーン・シリキット・ナショナル・コンベンション・センター
【路線】MRTブルーライン(バーンス-フワランポーン間)
【開業】2004年7月3
【訪問】2014年8
【近隣の主要駅(バーンス方面)スクンビット駅→隣駅
           (フワランポーン方面)シーロム駅→3駅

●駅名標

大変長い駅名につき略称としてQSNCCと表記します。

シリキットとはタイ国王妃の名で、これを讃えて名づけられたコンベンションセンターという訳です。

P1000186

●ホーム

時に朝8時半ごろでした。

隣のスクンビット駅前のウェスティンホテルで優雅にモーニングを頂いて、タイ旅行2日目出発、そして最初に着いたのがここでした。

P1000184

●料金表

MRTの料金表です。

隣駅は大抵16バーツでした。日本円で50円そこそこなんで運賃としてはかなり安いですね。左の二列は一回きりの「トークン」(ICチップ入りのコイン状の切符)での運賃で、大人料金、子供料金の並びです。右の3つはバリューカードとありました。大人、学生、子ども料金の並びでした。

MRTの券売機が札(20バーツ以上)を受け付けない、というキツイ難点があって、両替機もないようなので、小銭がないといちいち窓口へ両替を頼まなければ…となります。

P1000187

●ONE DAY PASS

MRT駅をここからいくつか訪ねる旅、がこの時の主軸であった事もあり、いちいち小銭つくるのも面倒だったり、1日トータルで考えると都度買うより安いかな、と判断し、この「1日乗車券」を窓口で買いました。

カードの見本が窓口に示してあったりもしますが、「ワンデイ・パス!」とかいえば、130バーツなる事を言ってくるので、200バーツとか渡せば入手できます。予め130バーツである事を知っておけばスムーズです。

小銭用意しなくてもいいし、いちいち財布出さなくていいのが何より大きいですね。財布見せる機会がなくなれば、スリ盗難の類に遭う事もぐっと減るでしょうし。この時、現金は左右前後のポケットや靴下の中にまで忍ばせてました。とにかく分散。スマホはワイヤーが入ったものを首からかけてました。結局ネット全くつながらずで、そこは全く無意味でしたが、盗まれて日本に帰る事になっても辛いですし…。

P1000212

●コンベンションセンター

駅名にもなっている施設です。

駅を出て真向いにあります。

この駅を出た人を見てるとほぼ100%ここへ入っていった、そんな印象を受けました。それ以外の人が居たとしたら、バイク便に乗ってどっか行ってる人ぐらいと思います。タイではバイクタクシーもかなり活発で各駅の真ん前にもよく居ます。駅によってはそういうたまり場スペースみたいなのもありました。

P1000210

●駅舎

QSNCCの駅舎です。

単なる地下鉄駅のような階段上の屋根があるだけ、のような形のものではなく、真ん丸の屋根が階段上にあるのがとっても印象的な駅舎です。

手前がコンベンションセンター、向こうは市街地です。この市街地を歩くのもいいのですが、暑くて長続きしないのと、そのせいかタイの人はそもそも長く歩くという概念がないようで、あまり延々と歩いてると、どこか物色してるのか疑われかねない、というのもどこかで見ました。郷に入りては…というところで要注意ですね。

P1000189

P1000190

« JR下関駅 (山口県下関市) | トップページ | 岡山/井原 鏡獅子の奮迅 »

旅行・地域」カテゴリの記事

タイ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« JR下関駅 (山口県下関市) | トップページ | 岡山/井原 鏡獅子の奮迅 »