2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

« JR長岡駅 (新潟県長岡市) | トップページ | 鳥取/境港 お決まりコース行ってみよう! »

2014年9月21日 (日)

MRT/サムヤーン駅 (タイ/バンコク)

タイ/バンコクのMRT/サムヤーン駅です。

-MRT/サムヤーン
【路線】MRTブルーライン(バーンス-フワランポーン間)
【開業】2004年7月3
【訪問】2014年8
【近隣の主要駅(バーンス方面)シーロム駅→隣駅
           (フワランポーン方面)フワランボーン駅→隣駅

●駅名標

サムヤーンとかサームヤーンとか表記されますが、ここでは前者で通したいと思います。

タイ国鉄も入っていてMRTの終点であるフワランポーン駅まであと1駅というところ、ルンピニ→シーロム→ここ、と1駅ずつやってきました。

P1000320

●路線図

ホーム入口扉にあるものです。

この図の左へ向かって進んで行ってるところです。こういう地下鉄駅をひとつひとつ訪ねると、その土地土地の雰囲気を味わえるというものです。なので海外へ行っても、鉄道のある街へ行こうとしてしまいます。駅に来る事で、この街に来た感を強く感じているのかと思います。

方向と英語表記だけ注意していれば、乗りやすい地下鉄だと思いました。あとは…街が常に暑い分、車内は相当ガンガンにクーラー効いてます。長く乗る時はその温度差に要注意かなと。身体がついて行けるかどうか…あるので、薄い上着があるといいなと思いました。

P1000322

●ホーム

画一的なMRT仕様という感じで特にありませんが、金属のペンチが何故か豪華に思えました。

P1000321

●路線図と周辺図

例によって、という感じのお揃いの地図です。

現在地は地下鉄路線で左下の矢印部にあたります。

見どころは、駅のすぐ前にある「ワット・フワランポーン」で、バンコクでは、「ワット・ポー」や「ワット・ブラケーオ」などとよく聞くかと思いますが、これらと同様にタイの寺院で、とにかく壮観です!

P1000323_2

●ライジング・サン

という、タイのドラマのジオラマで、駅構内スペースに置かれていました。

すごく日本的な雰囲気ですが、それもそのはずで、日本でかなりのロケが行われたそうです。最近タイでは日本を舞台にしたドラマや映画、MV撮影なんかも行われているとの事で、このドラマも極道の世界が舞台になっていたりするそうです。

ここで見かけた時は現地の日本的要素を取り入れたドラマか、程度に思っていましたが、タイ駐在日本人も結構取り上げてたりして話題になっているのを後から知りました。

P1000324
P1000325

●サムヤーン駅 駅舎

沿線の駅と同様のデザインでした。

右バックにチラッと見えるのが絶景の一部です。

この駅最大のハイライトといってよいくらいのもので、それまではタイの街並みをそれなりに感じてはいましたが、タイの素晴らしさを旅でハッキリと感じたのは、これが最初だったかもしれません。

P1000327

●寺院建屋

上の写真にチラッと覗いていたものです。これぞタイ!という感じで。

駅を降りるといきなりこんな光景が見えて感動でしたが、これはごくごく一部に過ぎません。敷地内に入ればもっともっと素晴らしい光景を目にする事ができます。

P1000328

●駅前

の通りの一角です。

タイらしさをすごく感じたカットだったので、載せてみました。

海外旅行行った事のない方々がこれを見て衝動に駆られたとすれば幸いの一言です。

と同時に自分も海外に行ったんだな、という事を確かに実感したりもしています。

P1000330

« JR長岡駅 (新潟県長岡市) | トップページ | 鳥取/境港 お決まりコース行ってみよう! »

50タイ」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1218696/57444759

この記事へのトラックバック一覧です: MRT/サムヤーン駅 (タイ/バンコク):

« JR長岡駅 (新潟県長岡市) | トップページ | 鳥取/境港 お決まりコース行ってみよう! »